【エール】97話あらすじと視聴率!久志に届け栄冠は君に輝く

朝ドラ「エール」
音は、オーディションの話を御手洗にする。久志のことを心配していた。 第97話、裕一が元気になったことを鉄男は喜んでいた。その頃、久志だけが…。 見逃した方はこちらから⇨「NHKドラマエール

「エール」97話視聴率

第20週「栄冠は君に輝く」第97話が、10月27日火曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します! 昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而、その妻・古関金子をモデルにした話です。昭和という激動の時代に心に寄り添う曲を生み出した。

「エール」97話あらすじ

久志が失った大切なモノ

「いやー、レコードもラジオも順調そうで何よりだ。」 裕一の仕事が順調で鉄男はホッとしていた。 「よがったよ、元の裕一がようやく帰って来た。また一緒に曲作ろうな。」 そこへ藤丸がやって来る。 「ええ、キャバレーで歌ったり時々レコード出させてもらったり。何とかやってるわ。」 藤丸はケガをしていた。裕一と鉄男を連れ出す。 「また飲んでんの?」 久志は、酔っぱらっていた。 「ね、ね、福島の実家に手紙送ったんだよ。でも、あて先不明で戻って…。」 「どして、こんなとこにいんだ?」 半年前、藤丸は闇市で久志に再会した。農地改革があって、福島の家と土地を失ってしまった。父親も亡くなっていた。 「あの人、戦争中は福島で慰問に回ってたりしたらしいんだけど。お父さん亡くなってから歌もやめたみたい。」 東京に来てからは、酒と博打に明け暮れていた。

栄冠は君に輝く

久志はマージャンをしていた。 「君と話す気ないから帰って。」 裕一と鉄男は、何度も久志のところに行く。久志は話そうともしなかった。 「時間をかけるしかないのかもね。ゆっくり行きましょう。」 『大阪 朝一新聞社』では、高校野球の歌の選考会が行われた。 「僕は、栄冠は君に輝くがとても好きです。歌詞の内容にも心打たれました。」 野球を楽しめる時代が来た。裕一は、甲子園のグランドに来ていた。このグランドで裕一の曲が流れる。みんなが楽しみにしていた。 「すごくいい、早く聞きたい。これどなたが歌うの?」 「久志はどうかな?」 今の久志を変えるには、何かのきっかけが必要だと感じている。 「久志、いるかな?久志、君に唄ってほしい曲がある。高等学校野球大会の歌、君の声にピッタリだと思う。一度でいいからさ、この譜面見てくれないかな。」 「本当分からない人だね、もう関わってこないでくんないかな。もう、昔とは違うんだよ。」

見逃し動画配信サービス「エール」

見逃し動画配信サービスの使い方 ・「エール」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している! ・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します! ・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント) ・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!
※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「エール」97話感想

コメント