【エール】64話ネタバレと感想!強敵ぞろいのオーディション結果は

NHKドラマ

『コロンブスレコード』の新人歌手オーディションの発表があった。久志(山崎育三郎)と御手洗(古川雄大)は、書類審査を通過した。

第64話、最終オーディションの日が近づいてきた。歌手になれるのは誰なのか?

見逃した方はこちらから⇨「NHKドラマエール

「エール」64話視聴率

第13週「スター発掘オーデション」第64話が、6月25日木曜日に放送されました。気になる視聴率は、21.2%でした!

昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而、その妻・古関金子をモデルにした話です。昭和という激動の時代に心に寄り添う曲を生み出した。

「エール」64話あらすじ

ふたりの大きなチャンス

「佐藤久志、一次選考通過たいへん喜んでおりました。ありがとうございます。」

裕一(窪田正孝)は、廿日市(古田新太)にお礼を言った。

「俺はペケだった言ったんだけど、役員がマルだって言うからさ。真価が問われるのは、歌だからね。」」

書類選考に合格した中には、二枚目の大型新人もいた。父親が帝都ラヂオの会長、ジュリアード音楽院卒業、フランス留学など強敵揃いだった。

「廿日市さんってどんな曲が好きでしたっけ?」

裕一は、廿日市の秘書である杉山(加弥乃 )に聞き出そうする。

「審査員の情報は出せません。」

「いやいや、そんなつもりじゃありません。去年の宴会で何を唄ってたかなーって。」

その頃、音(二階堂ふみ)は御手洗の練習につき合っていた。御手洗の声は、『バンブー』にいる保(野間口徹)や恵(仲里依紗)にも聞こえた。

「あの先生、なかなかやるじゃない。」

「思い出すわ、ドイツのオーディションで歌ったときのこと。」

「初耳…。」

音と御手洗は、コーヒーを飲みに来る。

「音さん、今日もレッスン付き合ってくれて、ありがとう。」

「いいえ、私も楽しんでますから。でも、よくご決断されましたよね。コーチとしてのキャリアを捨てて、オーデションを受けに来るなんて…。」

「言ったでしょ、私にとって最後のチャンスだって。」

御手洗は、3年前に母親を亡くしている。その半年後、父親も亡くなってしまった。

「人間なんて、いつどうなるか分からない。真面目に生きていようと好き勝手生きていようと。もう後悔はしたくないわ。」

「私の父も言ってました。やらずに後悔するよりも、やって後悔した方がいいって。」

「人生一度きりだものね。」

「そうですね。」

裕一のところには、鉄男と久志が来ていた。書類選考に合格した人は、強敵ばかりだった。その話をしても久志は動じない。

「できた、久志お待たせ。オーデションで歌う曲、唄い方についていろいろ書いたから。」

「何これ、指示が細かいよ。流行歌ってのは、パッションで唄うものだろ。」

「この曲は音域が広いの、研究しておいて損はないから。」

「後は、おめえ次第だ。」

強敵ばかりのオーディション

『コロンブスレコード』の最終オーデションが行われた。裕一と藤丸が見守る中で厳しい審査が続いていた。

帝都ラヂオ会長の息子・寅田熊次郎の番が来た。顔立ちがよく、歌も上手かった。

岡島敦は、駅員をしている。顔に似合わず声がよかった。林喜一は、73歳でオーデションに挑戦していた。

久志の番になった。『丘を越えて』を唄う。審査員の反応はよかった。

御手洗の番になった。『船頭可愛や。」を唄う。流石の歌声だった。

『バンブー』では、鉄男(中村蒼)が待ちくたびれいた。そこへ、裕一と久志が入って来る。

「どうだったんだよ。」

「どうもこうも、僕が決まるに決まってるだろ。楽勝さ。マスター、コーヒーとホットケーキ。ホイップつきで…。」

久志は、裕一からもらった『丘を越えて』の楽譜を落としてしまう。

「余裕ぶって、おめえメチャクチャ研究してんじゃねーが。」

「勝手に見んなって。」

「久志さんて、案外マメなのね。」

音と御手洗が入って来た。

「グッドイブニング。おそらく審査員の票は、スター御手洗かプリンス久志で割れるでしょうね。」

「最終的に僕がえらばれるだろうけどね。」

「どうかなー。他にも、なかなか強者揃いだったから。」

「僕がコロンブスと契約したら、ボイストレーナーとして雇ってあげるよ。」

久志は、口にホイップをつけていた。

「私が受かったらカバン持ちさせてあげるわ。」

「二人ともダメかもよ。」

華の声に二人は敏感に反応した。

「コロンブスの未来を背負う歌手ですからね。彼以外に考えられんでしょ。如何でしょうか社長。」

「ちょっと待って下さい。」

廿日市は、役員の意見に反対だった。その夜、久志は鉄男のおでん屋で飲んでいた。

「珍しいな、おめえがそんな飲み方するなんて…。」

「前祝いさ。」

「発表は明日だ、ドキドキすんなおい。」

「人事を尽くして天命を待つ。おがわり…。」

廿日市は、ひとり会社に残っていた。

「廿日市さん、ずいぶん不服そうでしたね。失礼ですが、あんな廿日市さん初めて見ました。」

「当り前だろう、あんなことやってるからウチはダメなんだ。」

「ですが…。」

「結果だしゃいいんだろう。」

発表の当日、裕一と音は新聞が来るのを待っていた。御手洗と久志も待っていた。果たして、その結果とは…。

見逃し動画配信サービス「エール」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「エール」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「エール」64話感想

コメント