【エール】108話ネタバレと感想!鉄男の運命を変えて弟との再会

朝ドラ「エール」
裕一と鉄男は、藤堂の墓参りに来ていた。 第108話、鉄男は福島で弟に再会する。運命は大きく動こうとしていた。 見逃した方はこちらから⇨「NHKドラマエール

「エール」108話視聴率

第22週「ふるさとに響く歌」第108話が、11月11日水曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します! 昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而、その妻・古関金子をモデルにした話です。昭和という激動の時代に心に寄り添う曲を生み出した。

「エール」108話あらすじ

鉄男の弟に再会

裕一と鉄男は、小学校の校歌を作った。その完成を藤堂に報告していた。 「もしかしたら校歌の話、先生が引き合わせてくれたのかも知んねーな。」 家に戻ると鉄男に客が来ていた。弟の典男だった。 「盛岡にいた。できるでけ遠くさ行きたくて。親父が怖かった。暴れるし、母ちゃん兄ちゃん殴るし。」 ある日、典男は自分の分まで殴られている。いない方がいい、そう思って家を出た。電車の中で、ある夫婦が助けてくれた。 その夫婦は、盛岡で床屋を経営していた。床屋の技術を身につけて、独立して福島に戻った。 「もうすぐ10年になる。」 典男には、妻と子どもが二人いる。 「そうが、幸せでよがった。」 典男は頭を下げた。勝手に家を飛び出して、兄に苦労をかけた。 「典男、生きててくれてありがとな。俺もあの後、家出たんだ。母ちゃんに自分の人生を生きろって言われた。」 父と母の居所は知らなかった。

家族の温かさ

「俺、ときどき母ちゃんの夢みんだ。」 鉄男は、母と家を捨てていた。そのことが鉄男の中には重くのしかかっていた。 「そんなことないと思う。お母さんは、きっとあなたたちが立派になって喜んでいると思う。」 元気で生きていてくれる。それが親にとって一番の幸せ、まさは裕一への想いを重ねる。 「大丈夫、あなたたちは十分に親孝行してるから。胸張って生きて行っていいの。」 典男の家族を呼んで、賑やかな夕食になった。そこに浩二が帰って来る。 「いつも散髪してもらってる床屋のご主人。」 浩二と典男は、知り合いだった。鉄男は、家族との縁が薄かった。その鉄男に4人の家族ができた。 東京に戻った鉄男は、映画の主題歌を書く。それからも家族をテーマにした作品を作ることになった。

見逃し動画配信サービス「エール」

見逃し動画配信サービスの使い方 ・「エール」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している! ・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します! ・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント) ・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!
※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「エール」108話感想

コメント