【エール】99話あらすじと視聴率!魂のこもった久志の歌声『夜更けの街』

朝ドラ「エール」

藤丸は、久志の帰りを待っていた。無事戻ったことにほっとした。

第99話、久志のためだけの曲『夜更けの街』。

見逃した方はこちらから⇨「NHKドラマエール

「エール」99話視聴率

第20週「栄冠は君に輝く」第99話が、10月29日木曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而、その妻・古関金子をモデルにした話です。昭和という激動の時代に心に寄り添う曲を生み出した。

「エール」99話あらすじ

友を信じる強い想い

裕一は、久志のことを池田に相談する。

「幼なじみが生きる気力をなくしちゃって。酒と博打に溺れる暮らしをしてるんです。」

裕一は、池田に説得をお願いする。

「何だかかび臭いところだね、ジメジメしてんな。」

池田は、博打で勝負をしようとけしかける。

「丁が出たら俺の財布の中身全部くれてやる。半がでたら…おごれ。」

久志は負けてしまう。池田は智彦のラーメン屋に久志を連れて行く。

「完璧じゃねえか、大将さすがだね。」

池田は、今の年まで友人に出会ったことがない。人を裏切るし信用すれば痛い目に合う。

「けど、あいつはどうだ。一点の曇りもなく心の底から生涯の友として何としてもあんたを助けたいとさ。」

池田は、久志のために作詞をした。

「よし、できた。十倍にして返せって言っとけ。」

「久志、この歌でレコード出さないか?曲は僕がつけるから。コロンブスに話したら、すぐにでも録音できるって。僕はまた君と一緒に音楽を作りたいと思ってる。」

藤丸は反対するが、久志は歌うことを承諾した。

『夜更けの街』

『夜更けの街』は、久志のためだけに作られた曲だった。

「やっぱりあいつはすごい。池田さんの詩がまたすごいんです。久志にピッタリなんです。」

裕一と鉄男は、ほっとしていた。久志がやっとやる気を出してくれたと思っていた。その頃、久志はいつものように酒を飲んでいた。

『暁に祈る』のポスターを見るなり悲しみの中に落とされてしまう。

「久志、どうしたの?」

「歌へなくなったらどうすんだ。またレコード出せたんだろう。」

金が必要だから歌を唄ったんだ。鉄男は呆れて帰ってしまう。藤丸も帰ってしまう。

「一つだけ言いたいことがある。久志はやっぱり歌うべきだ。夜更けの街を聞いて僕は本当に心揺さぶられた。」

魂のこもった歌声は、久志にしか出せない。裕一は、高等学校の曲も久志に唄ってもらおうとした。

「佐藤久志ですか?上司が何て言うか…。」

裕一と久志は戦時歌謡のイメージが強い。裕一の採用は、上司の反対を押し切ってのことだった。

見逃し動画配信サービス「エール」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「エール」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「エール」99話感想

コメント