【科捜研の女】2話ネタバレと感想!犯人を炙りだせマリコ土門のコスプレ潜入捜査

科捜研の女

悪魔のコスプレをした遺体が見つかった。肩と足の裏には傷が残られている。死因は感電死だった。

第2話、ハロウィーン殺人!! マリコ土門のコスプレ潜入捜査!?

「科捜研の女」2話視聴率

「科捜研の女」第2話が放送されました。気になる視聴率は、11.1%でした!

「科捜研の女」2話あらすじ

コスプレした遺体

倉庫で見つかった遺体には、普通の中年という名刺が残されていた。URLからスキルマーケットに登録されていた。

防犯カメラからは、棺を運ぶ人物が映されている。スキルマーケットに登録されていた普通の中年に似ている。

「この棺を運んでいるのは、あなたですよね。」

棺で亡くなっていた田部井は、迫田の上司だった。迫田は、にこにこハロウィンから棺を運ぶのを頼まれたと証言する。

仮装をした田部井・棺を作った者・衣装を作った者・斧を奪うためにベンチに座らせる者、にこにこハロウィンから依頼されていた。

「横領してたのは部長の方で、迫田さんはハメられたのよ。」

迫田には、田部井を殺す動機があった。マリコは、現場近くの水がある場所を探す。事故現場近くには、都市環境研究所があった。

ねつ造された横領事件

都市環境研究所には、何者かがバケツを使った形跡が見つかった。その直後、迫田が行方が分からなくなった。ロープからは皮膚片が見つかる。

「みんなのスキルを貸して欲しいの。」

マリコは、説教マダムになり悪魔に近づいた。にこにこハロウィンは斧を奪い取る。悪魔に扮した社長は、棺の中に入って電源を入れる。

そこへ、棺を運ぶための強面の男・土門がにこにこハロウィンと会う。

「あなたでしたか?」

マリコは、斧を奪い取られた時に皮膚を採取していた。その後、会社の金を横領していたのはノモトだと分かった。

「アイツのしょうもないところ、あれはあれで立派なスキルだ。」

アイデアが生まれる瞬間、リラックスしていないと出てこない。田部井は迫田を認めていた。

見逃し動画配信サービス「科捜研の女」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「科捜研の女」は、動画配信サービスU-NEXTで配信予定!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「科捜研の女」2話感想

コメント