【科捜研の女】7話ネタバレと感想!風丘の差し入れがヒント解決事件

科捜研の女

風丘の娘・亜矢は、マリコを師匠を慕っていた。亜矢は事故の目撃をして、京都府警に呼ばれていた。

第7話、「風丘早月、罠に堕ちる」

「科捜研の女」7話視聴率

「科捜研の女」第7話が放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「科捜研の女」7話あらすじ

100円殺人事件

風丘の娘・亜矢が科捜研に来ていた。

「それは言えない。ただ、今日は”忘れてはいけない日”」

風丘が持って来る差し入れは、ヒントになって解決した事件もあった。柴崎佐江は、園田逸子から情報をもらい節約主婦のふりをしていた。

20年前、宝石店の桐生康介が殺された事件があった。逸子の母親・志乃は康介の愛人だった。現場には逸子のお守りが落ちていた。

逸子の犯行だと思った志乃は、自分が疑われるように仕向け逮捕される。20年後、佐江が殺されてしまい逸子が疑われる。

「車を持っていない私がどうやって遺体を運ぶんですか?」

風丘が持って来た最中がヒントになった。洗濯用の桶を2つ使い遺体を運んでいた。

20年前の事件は、志乃に想いを寄せていた宝石店の山本による犯行だった。その一部始終を見ていた佐江は山本を脅したため殺されてしまった。

8億円のネコ殺人事件

絵本作家・早乙女が殺された事件があった。ペットシッター稲葉は、ネコの世話をすることで8億の遺産を手に入れることになっていた。

早乙女の肌についた液体から汗と断定される。関係者を調べると元夫・滝が浮上する。ところが滝にはアリバイがあった。

「カリカリネコ、鶏ササミ味。モモちゃんに。」

新鮮な魚しか食べないモモが安いキャットフードを食べた。風丘がくれたヒントだった。

稲葉は、モモを逃がしてしまう。戻って来た時には妊娠していた。バレることを恐れた稲葉は、双子のネコ・ミカンを連れ出す。

20年前、早乙女は旅に出た。絵本『バクのだいぼうけん』のヒットにはモデルがいた。新作でバクのモデルを発表することで、水野は許せずに殺してしまう。

科捜研のメンバーは、風丘が来るのを待っていた。

見逃し動画配信サービス「科捜研の女」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「科捜研の女」は、動画配信サービスU-NEXTで配信予定!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「科捜研の女」7話感想

コメント