【エール】103話あらすじと視聴率!華の生きる場所と母の合格理由

朝ドラ「エール」

華は吟のところに泊った。翌日、裕一が迎えに行く。

第103話、華の気持ちが分からなかった音は悔しい思いを感じていた。

見逃した方はこちらから⇨「NHKドラマエール

「エール」103話視聴率

第21週「夢のつづきに」第103話が、11月4日水曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而、その妻・古関金子をモデルにした話です。昭和という激動の時代に心に寄り添う曲を生み出した。

「エール」103話あらすじ

華の優しさ

「そうだ、知ってた?音と裕一さんが初めて会ったの教会だって。」

子どもの頃、川俣の教会で音は歌っていた。その姿を裕一は見ていた。

「優しいですよね、華ちゃん。」

教会では、子どもたちのためのイベントを行っていた。

「この子たちも、ようやく娯楽を楽しめるようになって。今までは命を繋ぐことで必死でしたからね。」

教会には、たくさんの子どもたちがいた。

「華の気持ち、ちゃんと考えてあげられなくてごめんなさい。ダメね。」

「私も言いすぎたし。」

「あのね、華。お母さんが歌を中断したのは華のせいじゃない。お母さんが華を選んだの。華に会いたかったの。」

数日後、最終選考の連絡が届いた。

「どうしよう、受かってしまった。信じられない、本当に私でいいのかしら。華、これから忙しくなると思うけどお手伝い頼んでもいいかしら。」

「お弁当は自分で作るよ。おめでとう。」

音が選ばれた理由

『ラ・ボエーム』の顔合わせの日が来る。音は、主役のミミ役を演じる。他の出演者たちは、立派な肩書を持っていた。

「すごい方ばかりなんです。ついていけるかしら。」

ロドルフォ役の伊藤は、音の演技に注文をつける。

「古山さん、どこを見てるんですか?僕を見て下さい。指揮は見るモノではなくて感じるものでしょ。」

演出家の駒込が止める。しばらく休憩が入った。音は家に戻っても練習を続けた。

「伊藤さん、いろいろとご迷惑をおかけしてしまって申し訳ございません。」

伊東の表情からイラついているように見えた。

「主役は、古山音さんで行こう。彼女、古山裕一さんの奥さんだそうだ。話題になるだろう、宣伝にも使える。」

最終選考のとき、千代田音楽共同社の脇坂が入って来る。鶴の一声で主役が音に決まった。

見逃し動画配信サービス「エール」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「エール」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「エール」103話感想

コメント