【エール】55話ネタバレと感想!裕一の悲しいハーモニカ三郎の最期

NHKドラマ

どうしても承諾して欲しいことがある。三郎は、裕一(窪田正孝)と話をする。

第55話、裕一は好きなことを続けるために福島を捨てた。浩二は福島に残り再生しようとしていた。

見逃した方はこちらから⇨「NHKドラマエール

「エール」55話視聴率

第11週「家族のうた」第55話が、6月12日金曜日に放送されました。気になる視聴率は、21.6%でした!

昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而、その妻・古関金子をモデルにした話です。昭和という激動の時代に心に寄り添う曲を生み出した。

「エール」55話あらすじ

地元を愛する浩二の気持ち

浩二(佐久本宝)は、畠山(マキタスポーツ)のところに来ていた。

「何だ?昨日の威勢はどうした?」

「畠山さんに言われてから、改めて考えて見たんです。俺、ホントは何でもいかった。見返すことができんなら…。」

「見返すって誰を?」

「親父や兄貴、いや世の中にですかね。音楽の才能がある兄貴と違って、俺には何にもなかった。だから親父から店を任せられた時、嬉しかったんです。でも、結局店閉めることになって。」

「どんな家族にも、割を食う奴はいる。俺だって虫なんか大嫌いなのに、養蚕業30年だぞ。」

「役場入って、ウチみたいに潰れた商売人や農家が大勢いることを知りました。福島出て行った人も少なくねえ。だから残された俺たちにできっことをって。りんご栽培提案したんです。」

「ほい、なかなかよく調べてあるじゃねーが。」

「読んでくれたんですか?」

「いっちょやってみっか。まだ隠居するのも早いしよ、これからの人生また新しいことに挑戦するのも悪くねえ。ただし、補助金がでるならだ。」

「必ず取り付けます。」

畠山は、りんご栽培を了承した。

浩二が家の主だ!

音(二階堂ふみ)は、裕一のためにハーモニカを買って来た。

「父さん、父さん。」

三郎(唐沢寿明)は、倒れてしまう。

「今、薬で眠っている。このまま逝ってもおがしぐないって。」

「無理ばっかしやがって、こんなことならもっとちゃんと病気のこと話しておけばよかった。」

「父さん知ってたよ。自分が長くないこと。痛みがでるたんびにね、こうやって噛んでガマンしてたんだって。」

「ばかだ、ばかだ父さん。だったら、文句の1つくらい言えよ。俺騙す気だったのかって怒れよ。何かっこつけてんだよ。」

浩二は、興奮していた。裕一は、三郎の側に付き添った。

「父さん、いつも僕の味方だったよね。回りに何言われても、かばってくれた。まだ全然恩返しできてねえ、お願いだからさ…。」

「だから、何だ?バケモンじゃねえぞ。」

「父さん、父さん。父さん起きたよ。」

「父さん3日も寝てたんだよ。」

「浩二と二人にしてくんねえか?」

「おめえに散々迷惑かけて悪かったな。店継いでくれた時は、腹の底から嬉しかった。」

「本当は、兄ちゃんの方が良かったんでしょ。」

「バカ言え、あいつには音楽しか能がねえんだがら。」

浩二は、裕一と三郎が音楽の話をするのがイヤだった。裕一とは、音楽があったから話ができた。

「浩二とは、何がなくても言いでえこと言い合ってきたべ。」

「いいが浩二、俺が死んだら喪主はおめだ。喜多一を継いだやつがこの家の主だ。家長だ。この家も土地も全部おめえが引き継げ。」

三郎は、裕一の承諾も取っていた。

「ちゃんと承諾も取ったから、母さんのこと頼んだぞ。聞いてんのか?」

「聞いてるよ、何だよ口約束ばっかで、だから騙されんだよ。」

「おめえは、だまされねえ。」

「分かんねーぞ、長生きしねえど分かんねーど。俺のことちゃんと見張ってろよ。もっと、もっと長生きしてくれ。生きてくれ。」

「おめえ、いいやづだな。」

裕一は、そばで話を聞いていた。

「お前らのお陰で、いい人生だった。ありがとうな、ありがとう。」

その夜、三郎は安らかに息を引き取った。

茂兵衛の作った夫婦茶碗

「世話になりました。」

「いつでも帰ってきてね。華ちゃん、また来てね。」

之が降って来た。

「兄ちゃん、俺りんごやんだ。美味いのできたら送るよ。」

「ありがとう、浩二元気でな。母さんも。」

裕一と音は、茂兵衛のところに行く。

「おじさん、おおお花ありがとうございました。」

「行かなくて悪いな、どうせあの世で会えっから。」

「父の生前は、ご心配やご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。というより僕が本当に身勝手で、おじさんの期待に添えなくてごめんなさい。」

「いいだろう、この曲線。本当はずっとこれがやりたかったのよ。没頭できるってことは、いいことだなー。ちっとも飽きない。好きなことだけでメシ食えるやつなんて人握りだ。せいぜいきばって、かみさんと子ともに苦労かけんでねーぞ。」

茂兵衛は、夫婦茶碗をくれた。

6月15日(月)からは、3つのアナザーストーリーがスタートします!父帰る・古本屋の恋・環のパリの物語。安隆が天国からやって来る、保と恵の出会い、環のパリでの恋物語。こうご期待!

見逃し動画配信サービス「エール」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「エール」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「エール」55話感想

コメント