【エール】90話あらすじと視聴率!裕一が嫌いになった音楽の世界

朝ドラ「エール」
1945年8月、多くの人が戦った戦争が終わった。音は福島に残っていた。 第90話、敗戦国が失ったものは大きすぎた。 見逃した方はこちらから⇨「NHKドラマエール

「エール」90話視聴率

第18週「戦場の歌」第90話が、10月16日金曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します! 昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而、その妻・古関金子をモデルにした話です。昭和という激動の時代に心に寄り添う曲を生み出した。

「エール」90話あらすじ

戦争が奪ったもの

「母さん、戦争が終わったよ。」 浩二は、まさに終戦を伝えに行った。負けたの?華は信じられない気持ちでいた。 「梅、梅。僕がバカだった。大事なのは君だった。」 梅と岩城は病院に運ばれていた。岩城は心臓が弱いのを隠して働いていた。音と華は東京に戻ることになった。 「それにしても家族で暮らすっていいな。」 早くお嫁さんをもらわないと。浩二は3年以内に結婚すると決めていた。 「男は自信と優しさ。」 その頃、裕一のところにトキコが来ていた。 「これだけ帰って来ました。」 トキコは、小さな箱を持っていた。大切そうに抱えながら泣いてしまう。 豊橋は、空襲で焼け野原になっていた。光子は家族での楽しい日々を思い出していた。裕一に出会い、五郎に出会い家族が増えて行った。

弘哉くんに会いたい

夜遅く、音と華は東京に着く。 「ただいまー。」 裕一は、廊下で座っていた。 「華、弘哉くんが亡くなった。僕のせいだ、僕のせいだ。」 「あなたのせいじゃない、あなたは自分の役目を果たしただけです。」 「役目?音楽で人を戦争にかりたてることが僕の役目?若い人の命を奪うことが僕の役目なのかな?音、僕は音楽が憎い。」 華は一人で泣いていた。 「お母さん、お母さん。弘哉に会いたい、弘哉くんに会いたい。ねぇーお母さん、ねぇお母さん。お母さん、弘哉くんに会いたいよ。」 華の悲鳴にも似た泣き声が聞こえた。裕一は、この日から曲を書かなくなった。 『放送会館』では、劇作家の池田次郎が戦争孤児について書いていた。 「きっとこのドラマには、彼らに希望を与えます。」 戦争が終わった日本では、物資や食料が不足していた。闇市では違法な商売をする人であふれていた。 「もう少し待ってろ、元気にさせてやっからな。」 戦争孤児たちは行き場がなく、闇市の片隅で座っていた。ある孤児は金を奪って生活しようとしていた。

見逃し動画配信サービス「エール」

見逃し動画配信サービスの使い方 ・「エール」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している! ・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します! ・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント) ・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!
※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「エール」90話感想

コメント