【エール】116話あらすじと視聴率!アキラの挨拶と裕一の複雑な想い

朝ドラ「エール」

アキラの退院が決まった。華の家に挨拶に来ることになった。

第116話、華が選んだ人は裕一と同じ音楽の道を歩く人だった。

見逃した方はこちらから⇨「NHKドラマエール

「エール」116話視聴率

最終週「エール」第116話が、11月23日月曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而、その妻・古関金子をモデルにした話です。昭和という激動の時代に心に寄り添う曲を生み出した。

「エール」116話あらすじ

アキラが挨拶に来る

「このような機会を頂き、ありがとうございます。霧島アキラです。よろしくお願いいたします。」

裕一は、とても機嫌が悪かった。

「華さんは、私が出会った中で最高に素晴らしい女性です。私は華さんを愛しています。一生添い遂げたいと思っております。」

アキラは、結婚を前提にした交際を申し出る。

「お引き取り下さい。あなたに娘はやれない。苦労させたくない。」

音楽で生活はできない。その苦労を味わわせたいくなかった。

「お父さんも何もなかったけどな。裕一さん忘れたんですか?私にプロポーズした時、音楽の収入ゼロでしたよ。」

「銀行で働いてたから収入はゼロじゃない。」

「音楽で稼いでないなら、アキラさんと一緒じゃない。」

『船頭可愛や』が売れるまで裕一の収入はなかった。そのヒットも環のお陰だった。今まで何人の女性とつきあってきた。

「16人です。」

子どもを信じる気持ち

たくさんの女性を知ってきたからこそ華の良さが分かる。

「僕の歌を聞いて下さい。華さんのために作りました。」

音楽の世界で生きて来た裕一は、音に苦労をかけていた。だからこそ心配していた。アキラがギターを持って来た。

「聞いて下さい、ムーン・ライト・セレナーデ。」

愛をもう離さない。音は、アキラを見つめる華を見た。アキラは鼻血を出してしまう。

「本気、感じましたよ。ねぇ、裕一さん。アキラさんが普通の仕事していたら、お付き合い許しましたか?何日間、病室を共にして彼のことどう思いましたか?私たちも反対されました。」

その頃の裕一は何も持っていなかった。

「頭はダメって言ってるけど、心が行けって叫ぶんです。」

裕一は福島を捨てて音のところに向かった。子どもを信じる気持ちだけで送り出してくれた。

「アキラくん、どうして華なんだ?」

見逃し動画配信サービス「エール」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「エール」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「エール」116話感想

コメント