【エール】92話あらすじと視聴率!音楽が怖いんだ裕一の苦悩と音の信じる気持ち

朝ドラ「エール」
智彦は、なかなか仕事が決まらなかった。屋台で飲んでいると絡まれてしまう。 第92話、裕一は止まったまま時間だけが過ぎて行った。 見逃した方はこちらから⇨「NHKドラマエール

「エール」92話視聴率

第19週「鐘よ響け」第92話が、10月20日火曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します! 昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而、その妻・古関金子をモデルにした話です。昭和という激動の時代に心に寄り添う曲を生み出した。

「エール」92話あらすじ

裕一は止まったまま

智彦は、財布を抜かれてしまう。財布の中にはバッジが入っていた。それも盗まれてしまう。 「岩城さんに申し訳ない。」 音は岩城が亡くなったことを吟に伝えに来る。 「気に病まんで、お姉ちゃんも智彦さんを支えるのが大切。岩城さんもそう思っとるよ。」 裕一も止まったまま動こうとしなかった。でも、音には音楽がある。 「音が音楽の楽しさを思い出させるの。」 音は、レッスンを始めることにする。音は、そこで御手洗と再会する。御手洗は占い師をしていた。

戦争の悲劇をドラマに

「久しぶりに歌ったら、すごく心が躍った。まだ…まだ曲書くつもりはない?」 「実はね、一度だけ譜面に向かったんだ。」 裕一は、戦争を思い出してしまう。譜面を見ることが怖いと感じていた。 「あなたが体験したこと、背負ったことは大変だと思います。でも、あなたを信じてる。私は待つ。」 1年半後、華は中学3年生になっていた。 「自分一人で抱えないで下さい。私も支えたいんです。」 吟が生活を支えるために仕事をしたい。智彦は反対した。その頃、GHQの指示により警察は浮浪児を施設に入れていた。 「変わってない、あなたのとこに訪ねてから変わってない。今度来る仕事が人生を変えるわ。」 池田次郎は、ラジオドラマの制作が決まりそうだった。そして、裕一の家に向かった。 「僕には無理です。お断りしまう。」 「これは先生にしか書けません。鐘の鳴る丘は戦争の悲劇から復活まっこうから描いたドラマです。先生しかおらんのです。」 裕一は、戦争に若者の気持ちをかりたてた責任を感じていた。

見逃し動画配信サービス「エール」

見逃し動画配信サービスの使い方 ・「エール」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している! ・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します! ・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント) ・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!
※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「エール」92話感想

コメント