【エール】75話あらすじと視聴率!藤堂への想いを込めた『暁に祈る』

朝ドラ「エール」

藤堂は、出征することが決まっていた。俺のことを想って作ってくれ。鉄男は、もう一度作詞をする。

第75話、家族を残して出兵をした藤堂。その想いを込めて鉄男が作詞をする。

見逃した方はこちらから⇨「NHKドラマエール

「エール」75話視聴率

第15週「先生のうた」第75話が、9月25日金曜日に放送されました。気になる視聴率は、19.5%でした!

昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而、その妻・古関金子をモデルにした話です。昭和という激動の時代に心に寄り添う曲を生み出した。

「エール」75話あらすじ

藤堂への想いを込めて

鉄男は、新しい詩を書いた。

「三羽ガラスでやるって決めたからな。絶対に叶えたい。」

裕一と鉄男は、武田のところに向かった。

「今回の詩も武田さんの期待には、お答えできていないかも知れません。馬という言葉も一度しか出てきません。」

「じゃあ、なぜ来たんです。」

「今回の歌詞は、恩師に捧げるつもりで書きました。先生は、もうすぐ戦地に行かれます。奥さんと小さな息子さん残して、お国のために旅立ちます。」

鉄男は、戦いに行く人に心想像したことがなかった。

「今回は、少しでもその心に近づきたいと願いながら。祈りながらこの歌詞を書きました。」

武田は、鉄男の歌詞を採用した。『暁に祈る』は、裕一が作曲・鉄男が作詞・久志が歌う。福島三羽ガラスの誕生だった。

大ヒット曲『暁に祈る』

昭和15年『暁に祈る』の映画が公開された。映画も曲も大ヒットした。

「おでん屋もそろそろしまいがな。」

映画『暁に祈る』には、久志も出演していた。戦争に向かう人のための曲。出征にはかかせない曲になっていた。

婦人会では、裕一の曲が話題になった。吟は誇らしげに笑う。

「婦人会の曲も作ってもらったらどうでしょう?」

その頃、豊橋では五郎が修業を続けていた。

「ずいぶん仕事も早うなったし、仕上がりだって丁寧だし。もうそろそろいいんじゃない?」

「いかん、甘やかすのは本人のためにならんから。」

梅は、五郎が一人前になったら結婚すると決めていた。

1年後、裕一はラジオ番組での作曲の話が舞い込む。『ニュース歌謡』は、戦火の盛り上がりを歌で伝える番組だった。

音楽教室では、『発表会』を開くことが決まった。

見逃し動画配信サービス「エール」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「エール」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「エール」75話感想

コメント