【エール】62話ネタバレと感想!久志が歌を好きになった過去が明かされる

NHKドラマ

大正8年、福島の佐藤家では食事をとっていた。久志(山口太幹)は、新しい母親に馴染めないでいた。

第62話、久志は実母を忘れられないでいた。歌を好きになった理由は、子どもの頃の切ない想いだった。

見逃した方はこちらから⇨「NHKドラマエール

「エール」62話視聴率

第13週「スター発掘オーデション」第62話が、6月23日火曜日に放送されました。気になる視聴率は、20.1%でした!

昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而、その妻・古関金子をモデルにした話です。昭和という激動の時代に心に寄り添う曲を生み出した。

「エール」62話あらすじ

母からの手紙

「久志ちゃん、これも食べてね。」

「新しい学校はどうだ、慣れたか?」

「お友だちはできた?」

「玲子さんのご心配には及びません。」

「久志、お母さん…だろ。」

久志の父親は再婚していた。新しい母親 玲子(黒川芽以)に馴染めないでいた。その頃、小学校では、『ふるさと』の練習をしていた。

「今度の学芸会では、この歌を唄うからな。しっかり練習して、お父さんとお母さんを驚かせよう。」

藤堂先生(森山直太朗)は、久志に声をかける。話しかけるが、いなくなってしまう。

3年前、久志の両親は離婚してしまう。母親は出て行ってしまった。父親が再婚しても久志は実母を忘れらなかった。

母からもらった手紙は、いつまでも大切にもっていた。手紙を見ていると女中が入って来た。

「早くおしまい下さいな、旦那さまに見つかったら面倒です。私の落ち度になります。」

「僕あての手紙だよ、返して。」

「捨てられてもいいのですか?隠すなら、こちらの方が安全です。奥さまがおやつでハンペンを作ってらっしゃいます。着替えたら居間へお越しください。ハンペンお好きだったでしょう。」

「いらない、好きじゃない。」

「では、いい加減ご自分でそうおっしゃいまし。」

久志は、母親の居場所を知りたがった。手紙には、福島の山美町と書いてあった。

「この町にいるんでしょう。教えてよ。」

久志の生みの親は、離婚してから実家に戻ってしまった。母に会いたい、その気持ちだけで実家に向かう。

「すいません、すいません。」

母・ 麻友は、ずいぶん前に引っ越していた。その先の居場所は分からなかった。

久志が母に会いに行く

久志は、ガマン強く頭のいい子です。自分の未来のため、佐藤家のためにお父さんを支えて立派な跡取りなって下さい。

久志は、母・ 麻友からの手紙を大切にしていた。

「母さん?お母さん。」

久志が 麻友の姿を見つけた。 麻友には、新しい家族ができていた。赤ちゃんを抱きかかえる姿を見てしまった。

麻友からの手紙を破り捨てて、久志は学校に向かった。

「佐藤、どうした?」

「何でもありません。」

藤堂は、びしょ濡れになった洋服を乾かしてくれた。

「どうしたんだ?」

「何もなかった。何かあると思ったのに、何もなかった。」

「そうか…。」

藤堂は、『ふるさと』を唄い出す。❝兔おいしかの山…❞

「佐藤も一緒に。」

❝小鮒釣りしかの川。夢は今もめぐりて、忘れがたき故郷❞

「やっぱり君、いい声してるよ。よし、こっち来て。もう1回、大きな声で。」

久志は、思いを振り切るように故郷を唄った。家に戻ると継母が待っていた。

「久志ちゃん、どこ行ってたの?早く入って。こんなに冷えて、風邪ひいゃうじゃない。本当にもう心配したんだから。よかった。」

継母は、久志を抱きしめる。

「あの…、ハンペンまだありますか?お母さん。」

「もちろん…。お風呂沸いてるから、ご飯の前に温まっておいで。」

「着替え、お風呂場に出しておきますね。」

「うん。あー、お腹空いたー。」

久志は、嬉しそうに笑った。

「あんな大きな声で歌ったの初めてだった。ぐじゃぐじゃになった気持ちが、バーッと出て。スーって消えてさ、あー歌っていいなって。藤堂先生に感謝している。」

「聞きたいな僕も、久志のふるさと。」

「いや、タダじゃ嫌だな。」

鉄男(中村蒼)は、久志の皿にハンペンを置いた。久志は、『ふるさと』を唄い出す。いろんな思いが詰まった懐かしい曲だった。

見逃し動画配信サービス「エール」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「エール」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「エール」62話感想

コメント