【エール】94話あらすじと視聴率!裕一が戦争と向き合う「長崎の鐘」が描いた真実

朝ドラ「エール」
裕一は、『長崎の鐘』の主題歌を勧められていた。被ばくした医師が描いた作品だった。 第94話、裕一は戦争と向き合おうとしていた。作曲をするため長崎に向かった。 見逃した方はこちらから⇨「NHKドラマエール

「エール」94話視聴率

第19週「鐘よ響け」第94話が、10月22日木曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します! 昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而、その妻・古関金子をモデルにした話です。昭和という激動の時代に心に寄り添う曲を生み出した。

「エール」94話あらすじ

長崎の鐘

「原爆の現実を克明に描いている。鬼気迫る内容だ。この人に会ってみたい。」 「大丈夫?戦争の恐怖がぶり返すんじゃないかって。」 裕一は、あと一歩進むためにも長崎に行こうとしていた。2週間後、作者の永田医師に会うために長崎に向かった。 長崎では、永田の妹が出迎えてくれた。長崎の鐘はみんなで掘り起こして飾られていた。 「あの子たちは、みんな戦争で親を亡くしました。私は今、その施設で働いてるとです。」 永田は、白血病にかかっていた。 「先生の体験です。どのように治療にあたられたのか。」 「歌詞はみられたとですか?素晴らしか歌詞だ。その上で私の気持ちなど、いりますか?それに私の気持ちは本に綴りました。」

贖罪のために曲は作るな

永田は戦争に2度行っている。裕一の歌をよく唄っていた。 「僕の歌がきっかけでたくさんの若者が亡くなりました。彼らのためにも、この歌を作りたいんです。」 「贖罪ですか?」 『長崎の鐘』を自分のために作って欲しくない。原爆は兵隊だけでなく、普通に暮らす何万の命をたった1発で奪った。 ある若者に永田は質問される。神は本当にいるのですか?落ちろ、落ちろ。どん底まで落ちろ。永田はそう答えた。裕一には意味が分からなかった。 「自分で見つけることが、きっかけになるはずです。」 音のところに吟が来ていた。智彦は自分が何の仕事をしているか知らなかった。 「お姉ちゃん、行動すべきよ。」 吟は帽子を被って、智彦の後をつけた。智彦はラーメン屋で働いていた。 「お金のために無理しとる。」 戦争孤児のケンは、妹や弟のために食事を作っていた。料理も上手だった。食べ物を取りに行っている間に空襲で焼けてしまった。 「辛くねーよ。弟や妹に申し訳ないだけだ。」 「お前、いいやつだな。ネギの切り方教えてくれないか?」 智彦はネギを切れるようになった。その頃、裕一は長崎の部屋にこもっていた。 「自分を見つめても見つからんのだがな。」

見逃し動画配信サービス「エール」

見逃し動画配信サービスの使い方 ・「エール」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している! ・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します! ・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント) ・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!
※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「エール」94話感想

コメント