【エール】61話ネタバレと感想!心に響く歌声を久志が夢に動きだす

NHKドラマ

昭和11年、裕一(窪田正孝)は『コロンブスレコード』と契約して5年が立っていた。

第61話、新人歌手のオーディションをすることになった。裕一は何とかして久志に受けさせようとした。

見逃した方はこちらから⇨「NHKドラマエール

「エール」61話視聴率

第13週「スター発掘オーデション」第61話が、6月22日月曜日に放送されました。気になる視聴率は、20.1%でした!

昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而、その妻・古関金子をモデルにした話です。昭和という激動の時代に心に寄り添う曲を生み出した。

「エール」61話あらすじ

幸せな日々

裕一は、ご当地ソングや球団曲を数多く手がけていた。安定した作曲家生活を送っていた。

音(二階堂ふみ)と裕一の娘・華(田中乃愛)は、4歳になってやんちゃ盛りだった。

「はい、これサービス。」

「やったー。ありがとう、保。」

「どういたしまして。」

「保さんでしょ。」

「華ちゃん、しっかりしてきたわね。」

「まだまだです。おねしょもするしね。」

「保ー、コーヒー作るの見せて。」

『バンブー』の保(野間口徹)は、華に優しかった。

「華ちゃんが生まれてから、音さんいい顔してる。」

「そうかな、毎日バタバタで大変ですよ。」

裕一は、女性と一緒に撮った写真を見ていた。嬉しそうにしているところに音が来る。

「華ちゃん、お父さんのお仕事のジャマをしてはいけません。」

「大丈夫、大丈夫大丈夫。かわいいなー。」

音は、女性の写真を見つける。大阪と仙台に行った時の写真だった。

「へーっ、仙台の人はみんなキレイねー。」

「あっ、ぜひ今年の七夕祭り来てくださいって。」

裕一は、華をビデオで撮影している。ずっとこんな日が続くといいな。

「じゃあ、頑張って。」

音は、そう言って女生と一緒に写した写真を持って行く。

新人歌手のオーディション

『コロンブスレコード』では、新人歌手を募集していた。木枯は、帝國に移籍してからもヒット曲を出していた。この募集には社運がかかっていた。

廿日市(古田新太)は、新人歌手の作曲の話をする。

「ずーっと低め安定だからさ、そろそろ第二の船頭可愛や欲しいよね。ねー。」

裕一は、鉄男(中村蒼)の屋台で飲んでいた。低め安定と言われたことが気に入らなかった。そこへ、久志(山崎育三郎)が来る。

「あー、気分悪い。こんなのが売れるなんて、世も末だよ。」

藤沼明男は、オペラ界の新星と呼ばれていた。久志の音楽学校時代の後輩だった。

「ちょっと顔がいいだけでね、わーきゃー言われてね。僕みたいな本物は騙されないんだよ。」

「だったら、おめえもプロになれよ。後輩に先越されてる場合が。」

久志は、卒業して4年がたっていた。音楽学校でプリンスと呼ばれていた久志は、未だにプロになってはいない。」

「僕を見つけられないなんて、世の中は間違ってる。」

「じっとしてたって何も変んねーぞ。俺なんか毎日必死でネタ考えてんだから。実はよ、路面店ださねーかって話があるんだよ。」

「えーっ、作詞は?」

鉄男は、仕事の合間に作詞を続けていた。

「僕は君の唇に潜り込みたい。」

「あーもっと近づいて、深くまで…。」

鉄男は、小遣いを稼ぐため成人小説を書いていた。

「あっ、そうだ久志。これこれ応募してみなよ。」

裕一は、『コロンブスレコード』の新人歌手募集の紙を見せる。

「合格したら、即レコードデビュー。」

「コロンブスお断り、福島行進曲が売れなかったのは僕を使わなかったせいだ。君たち分かってんのか?」

久志は、いつまでも昔のことを引きずっていた。流行歌は歌えない、オペラが歌いたいんだ。

心に響く歌声

「流行歌はね、ものすごい数の人が聞いてくれるんだよ。久志の歌声だったら、絶対女性客のウケいいから。」

「僕が歌ったらウケはいいと思うけど…。」

裕一も西洋音楽が作りたかった。でも、流行歌が大衆の心を掴むことを知っていた。

「久志にも体験して欲しいなー。」

裕一・鉄男・久志は、3人で流しで歌うことにした。1曲お願いするというお客さんがいてくれた。久志はオペラを唄いだす。

「うるせえ、引っ込んでろ。」

大衆酒場では、オペラは受け入れてもらえなかった。

「誰がオペラ唄えっていった。金もらってんだから、ちゃんとやれよ。」

次の店では、『船頭可愛や』を唄った。お店のお客さんは、合いの手を打って聞いてくれた。

「いい歌だった、何でだかグッと来た。お陰で明日も頑張れるよ。」

「お兄ちゃん、ありがとう。カッコ良かった。」

3人は、たくさんのお金をもらった。

「僕が本気だせば、そんなもんさ。」

「いい気分だったろ、拍手喝采あびて。」

久志は、『コロンブスレコード』のオーディションを受けることを決めた。

「よし、久志が受かれば福島三羽ガラスで売り出すのも夢じゃない。」

裕一は、新人歌手のために作曲をしていた。もしかしたら、久志が歌うことになるかも知れない。

見逃し動画配信サービス「エール」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「エール」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「エール」61話感想

コメント