【BG~身辺警護人~】1話あらすじと視聴率!島崎が退職するボディガードの信念

BG~身辺警護人~

木村拓哉が主演のドラマ「BG~身辺警護人~」が6月18日(木)からスタート。銃も持たず、武器もない民間の警護人が依頼者を守る。

第1話、47歳でフリーに…!? 一人きりの危険な任務 氷点下70度の密室で…凶悪犯の命を守れ!!

「BG~身辺警護人~」1話視聴率

「BG~身辺警護人~」第1話が放送されました。気になる視聴率は、17.0%でした。

第2章は、初回20分拡大で放送されました。第1章の初回は、15.7%でした。コロナの影響で放送が延びてしまった作品は、楽しみにしていた人が多かった。

「BG~身辺警護人~」1話あらすじ

やり手の経営者・劉光明(仲村トオル)が率いるIT系総合企業「KICKS CORP.(キックスコーポレーション)」に買収され、「日ノ出警備保障」改め「KICKSガード」身辺警護課の所属となった島崎章(木村拓哉)高梨雅也(斎藤工)菅沼まゆ(菜々緒)沢口正太郎(間宮祥太朗)ら民間ボディーガードたち。彼らは日ノ出時代から一転、劉の方針に従い、クライアントを政財界のVIPに限定した警護活動に従事していた。そんな折、章たちは与党議員・桑田宗司(小木茂光)が開催する後援会パーティーを警護。章が負傷するアクシデントに見舞われつつも、見事なチームプレーで会場に紛れ込んだ不審者を撃退し、メディアからも賞賛される。
 その矢先、章に宛てた一通の手紙が「KICKSガード」に届く。差出人は、刑務所で服役している「関東工科大学」の元講師・松野信介(青木崇高)。今から3年前、厳重ロックのかかった実験室で研究員・伊丹綾子(竹島由夏)を窒息死させた容疑がかかり、世間から散々叩かれるも、最終的には業務上過失致死罪と判断されて禁錮刑に処せられた男だった!
 翌月には刑期満了となるため、出所後のボディーガードを章に頼みたい、という松野。だが、劉に絶対服従を貫く身辺警護課の新課長・小俣健三(勝村政信)から、犯罪者の警護などありえないと猛反対された章は、松野に直接断りを入れるため、わざわざ刑務所へ。亡くなった綾子、そして迷惑をかけてしまった教授・坂上司(神保悟志)にどうしても謝罪したいため、研究室まで同行してほしい――そう思いつめたように訴える松野と対面し、章の気持ちは揺れ動くが…。
 ほどなく、章は“信じられない光景”を目撃。しかもそれが引き金となり、会社を突然退社し、個人で松野の警護を引き受けることに! ところが警護するうち、松野の言動に“ある違和感”を覚え…!?

島崎が退職する!

島崎は、 劉光明に会うためにホテルを訪れる。ロビーで後援会で撃退した不審者を見かける。その男は、桑田の秘書と会っていた。

「桑田先生に頼まれて、やらせ打ったんじゃないのか?」

「はぁ?絵描いたのてめぇんとこの社長だろ。」

後援会パーティーの襲撃事件は、 劉がでっち上げたものだった。島崎は、 劉に会いに行く。会社の宣伝のために利用した。

そのやり方にはついて行けない。島崎は、会社を辞めてしまう。次の日から、ひとりでボディーガードの仕事をすることに決めた。

島崎は、松野のボディガードをすることになった。人目をさけて鎌倉に向かった。

松野がついたウソ

高梨は、島崎の突然の退職を不審に思った。島崎瞬に会うことにする。

「お父さん、今どこ?」

その頃、島崎は借りたばかりのアパートに松野を連れて行く。スマホを手放さないことを不審をもった。

「フリーのボディーガードなんて食っていけないよね。考えが甘いんだよ。」

瞬は、父親からもらった名刺を見せる。ボディガードの話となるとムキになる高梨を笑った。

島崎と松野がいるアパートを見上げる男がいた。

「松野さん、あれは本当に事故だったんですか?」

ボディガードは、本当のことを知らなければ守ることはできない。

あれは事故なんかじゃない!

『関東工科大学』では、南極から持ち帰った氷柱のバクテリアを研究していた。冷却装置が故障したた溶け始めたため液体窒素をまいた。

実験室内の酸素が薄くなってしまった。研究員の伊丹が亡くなってしまった。

アパートのインターフォンが鳴った。松野がドアを開けてしまう。亡くなった伊丹の弟だった。

「研究室でトラブルがあったから遅くなる。」

伊丹は、弟に電話をしていた。研究室のデスクからは、伊丹を隠し撮りした写真が出て来た。松野のストーカーを疑った。

そこへ、高梨が来る。伊丹の弟を連れ出す。松野はなぜドアを開けたのか?島崎は不審に思った。

残された写真が真実を暴く

島崎と松野は、『関東工科大学』に向かった。高梨が車に乗り込んできた。島崎は反対するが、降りようとしなかった。

大学には、マスコミがかけつけていた。リークしたのは、松野だった。

「あなたは、マスコミを待ってたんだ。一体何がしたいんですか?」

松野は、坂上のところに向かってしまう。

「本当のことを知りたいんだろう。伊丹さんを死なせたのは先生なんだよ。」

液体窒素をまくように言ったのは、坂上だった。松野は研究を守るために身代わりになった。でも、隠し撮りをした写真から坂上が伊丹につきまとっていたことが分かった。

松野の狙いは、マスコミの前で坂上が謝罪することだった。坂上は、松野と島崎を冷凍室に閉じ込める。道連れに死のうとした。

高梨が、ドアを蹴る音に反応した。急いでロックを解除する。坂上は出頭することになった。

「あなたは、僕の未来を守ってくれました。ありがとう、止めてくれて。」

松野は、島崎に感謝した。

見逃し動画配信サービス「BG~身辺警護人~」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「BG~身辺警護人~」は、動画配信サービス「TELASA(テレサ)」、「テレ朝動画」、「TVer(ティーバー)」で見ることができます。

・「TELASA(テレサ)」は、30日間無料で見放題のサービスがあります。30日を過ぎると月額562円(税抜)が発生します。

*30日以内に解約すると料金は発生しません!

・「テレ朝動画」と「TVer(ティーバー)」は、放送後7日間だけ無料で見ることができます。

※紹介している情報は投稿日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「BG~身辺警護人~」1話感想

(記事内画像出典:公式ページ)

コメント