【BG~身辺警護人~】4話あらすじと視聴率!たった2キロの警護タイムカプセルに込めた想い

BG~身辺警護人~

ホームページに警護依頼のメールが入った。章と高梨が現場に向かうと意外な人物だった。

第4話、たった2キロの警護!?37歳無職…同窓会へ

「BG~身辺警護人~」4話視聴率

「BG~身辺警護人~」第4話が放送されました。気になる視聴率は、14.4%でした!

警護の依頼人は、引きこもりの30代の男。小学校の同窓会までの距離を守る。今までにはない依頼だった。

「BG~身辺警護人~」4話あらすじ

「至急! 警護乞う!」と、ただごとではない様子で訴えるメールが、「島崎警備」のホームページに届いた。島崎章(木村拓哉)高梨雅也(斎藤工)は直ちに送信者・生田大輔(岡田義徳)に電話。なんと大輔は監禁され、今も見張られているという! ところが…。教えられた住所へ急行すると、そこは大輔と両親が暮らす自宅。実は監禁というのは、すぐ来てもらうためについたウソで、本当の依頼は別にあったのだ――。

 20年もの間、ニート生活を続けるアラフォーの大輔。そんな折、出身小学校のクラス会開催の知らせが届き、“将来の夢”を書いた色紙を保管していたタイムカプセルを開ける行事も予定されていることが分かったという。だが、この行事に拒絶反応を示した大輔は、自分の色紙だけ先に回収してもらうよう、教師に頼みに行こうと決意。外出には不安があるため、身辺警護を依頼したのだという。というのも大輔は、自分が常日頃より誰かに狙われている、と信じて疑っていなかったからだ!

 にわかに信じがたい大輔の話…。一向に働こうとしない大輔に常々苛立っていた父・生田洋次(平泉成)も「バカバカしい」と一蹴するが、章は「クライアントを信じる」と決め、高梨と共に大輔を警護。いざ小学校へと向かう。ところが道中、大輔は“ある場所”まで来ると、なぜか遠回りになる道を選択。さらに、偶然出くわした同級生・谷口守治(丸山智己)の優しい言葉にも、完全に背を向けて…!?

 そんな中、怪しい人影が後をつけてくるという、不穏な事態も発生! 大輔は急に小学校へ行くのを断念し、警護依頼も取り下げると言い出す。そんな息子にあきれ果て、見限ろうとする洋次。だが、自らも“息子を持つ父”である章は、すれ違う大輔と洋次を放っておけず…。

出典:公式ページ

劉の歪んだ気持ち

『KICKS 』の社長・劉光明は、妻を亡くしていた。5年前ロスの自宅に強盗が入った。妻は銃で撃たれてしまった。

「ボディーガードは、クライアントを守らなくても責任を取らなくていいことを知った。これは商売になると思った。」

菅沼まゆは、歪んだ考え方に眉をひそめる。章の息子・瞬が学校でケガをした。章は笠松のところに行くように言った。

「親父のこと、よく分かってんだ。」

笠松は章のかかりつけの医師、章の性格をよく分かっていた。

「あいつには、どれだけ裏切られたことか…。」

大輔の父親・洋次は、息子を大学に行かせたかった。期待があっただけ、裏切られた気持ちが大きかった。

大輔の本当の気持ち

小学校の校門では、谷口が待っていた。二人で理科室に行くことになった。大輔は谷口に塩酸を盗ませたことがある。

「僕はあのお陰で中学受験がパーになったんだよね。ずっと塾行って勉強してたのに…あの後お母さん心病んじゃって。俺が高校のときに自殺しちゃった。」

谷口は、ずっと恨んでいた。嫌がらせをしたのは谷口だった。

「あなたが人を信用できなくなったのは生田さんのせいじゃありません。あなた自身のせいです。」

谷口は、大輔を殴った。大輔は土下座して謝った。タイムカプセルが掘り起こされた。

25年後の僕へ

ぼくもお父さんみたいな電車の運転士になりたいです。お父さんとお母さんをのせて走ります。

「体裁ばかり気にしていたのは、父さんの方だった。すまん、大輔お前家を出て行け。」

大輔は、やり直すことを決めた。

「あの…ありがとう、僕の記憶を守ってくれて。」

瞬を心配した笠松から連絡が入った。

「あの…じゃあメシご一緒、ご馳走します。」

誤解しないで、笠原は電話を切ってしまった。章と笠原は、お互いを意識していた。

見逃し動画配信サービス「BG~身辺警護人~」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「BG~身辺警護人~」は、動画配信サービス「TELASA(テレサ)」、「テレ朝動画」、「TVer(ティーバー)」で見ることができます。

・「TELASA(テレサ)」は、30日間無料で見放題のサービスがあります。30日を過ぎると月額562円(税抜)が発生します。

*30日以内に解約すると料金は発生しません!

・「テレ朝動画」と「TVer(ティーバー)」は、放送後7日間だけ無料で見ることができます。

※紹介している情報は投稿日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「BG~身辺警護人~」4話感想

コメント