【BG~身辺警護人~】3話あらすじと視聴率!詐欺師を守れ章の警護オペまでのタイムリミット

BG~身辺警護人~
章と高梨が守るのは、実業家・道岡だった。詐欺で稼いだ金を政治家に渡していた。道岡を恨む人間は多かった。 第3話、狙われた女医!手術までの24時間警護!!

「BG~身辺警護人~」3話視聴率

「BG~身辺警護人~」第3話が放送されました。気になる視聴率は、14.4%でした。 どんな人間でもボディガードである以上は守りたい。章のやり方に高梨は少しの不安を覚えた。

「BG~身辺警護人~」3話あらすじ

 島崎章(木村拓哉)のもとに、かかりつけの整形外科医・笠松多佳子(市川実日子)から「危ない仕事」の依頼が舞い込んだ。警護対象者は、数々の投資詐欺で甘い汁を吸い尽くしてきた実業家・道岡三郎(豊原功補)。詐欺で儲けた金を政治家にバラまいた疑惑まである“悪党”だった!

 実は道岡、逮捕されるも不起訴で釈放。その直後、恨みを持つ男に襲われてアキレス腱断裂の重傷を負い、多佳子の勤務する病院に極秘入院していた。ところが、入院中にまた襲われでもしたら病院のイメージに傷がつく…と、急に上層部が尻込み。執刀医の多佳子が手術放棄を拒んだため、「退院までしっかりと警護をつけること」を交換条件に、渋々承諾したというのだ。だが、道岡は襲われてもなお、相手を挑発するような男…。警護の脅威レベルが明らかに最高であることから、章と高梨雅也(斎藤工)が辞めた「KICKSガード」を含め、大手警備会社には軒並み断られる有様だった。

 実際、道岡は章と高梨に対しても不遜な態度を取るばかりか、自らの悪事も何食わぬ顔で認め、「いつ殺されてもおかしくない」と豪語。根っからの悪党ぶりを目の当たりにした高梨は、彼を警護することに疑問を感じる。しかし、章は「クライアントを選びたくない」と断言し…!

 そんな中、病院に「道岡を助ける医者は許さない。処刑する」との脅迫状が届く。しかも予告通りに手術直前、病院内で多佳子が何者かに襲撃されてしまったのだ…! 絶体絶命の窮地に立たされる多佳子。章と高梨、さらには病院関係者や防犯カメラの目までもかいくぐり、彼女を襲ったのは一体誰なのか!? 章たちは“見えない敵”を突き止めようとするが、道岡に恨みを持つ者はごまんといて…!?

出典:公式ページ

多佳子が襲われる

道岡のオペが遅れていた。章が多佳子を探すとネームプレートが落ちていた。その先には怯えた姿の多佳子がいた。マスクをかぶった何者かが逃げるところだった。 「僕のクライアントの大事な先生ですから守らないと。」 多佳子は怯えていた。道岡のオペが始まった。多佳子はメスを見て動揺する。防犯カメラがある出入り口には怪しい人物が写っていなかった。 道岡の秘書・小暮裕太は、人間関係に悩み会社を退職した。道岡のセミナーに行き可能性を感じて入社していた。 「島崎さん、私の場合後悔はしていません。」 沢口が書類を届けに来た。そこには、被害者の名前が書かれていた。リハビリ担当の湯川の姉も被害にあっていた。

道岡は止めて欲しかった

章から連絡を受けた高梨は、湯川から放そうとする。章は襲われそうになる道岡を助けようとする。道岡は章を突き飛ばす。 「そいつはムリだ。だってこいつ俺を殺すために担当になったんだから。」 道岡は殺されてもいいと思っていた。そこへ販売員の佐野凛子が来る。凛子の息子も騙されて自殺していた。 「投資も人生もリスクがあって当然なんだよ。騙されて自滅するような奴は負け犬って言うんだよ。」 道岡は二人を挑発した。小暮は投資詐欺の証拠を持って来た。議員との関係も記載されていた。 「最後の任務だ、警察まで送ってくれ。」 道岡は誰かに止めて欲しかった。全財産を被害者に渡すことに決めた。警護費用は罪を償ってから支払われることになった。 章は『KICKS』の劉光明に会いに行く。 「僕はお願いしましたよね。あなたがやったことは公にはしない。その代わり、もう二度とボディガードの命を弄ぶようなことは止めろ。」

見逃し動画配信サービス「BG~身辺警護人~」

見逃し動画配信サービスの使い方 ・「BG~身辺警護人~」は、動画配信サービス「TELASA(テレサ)」、「テレ朝動画」、「TVer(ティーバー)」で見ることができます。 ・「TELASA(テレサ)」は、30日間無料で見放題のサービスがあります。30日を過ぎると月額562円(税抜)が発生します。 *30日以内に解約すると料金は発生しません! ・「テレ朝動画」と「TVer(ティーバー)」は、放送後7日間だけ無料で見ることができます。
※紹介している情報は投稿日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「BG~身辺警護人~」3話感想

コメント