【ハケンの品格】3話あらすじと視聴率!春子カレーに挑むバイトが会社を愛して何が悪い

ハケンの品格

新入社員・井出は、社員食堂で動画をとっていた。その動画のせいでSNSでは炎上してしまう。

第3話、社員食堂バイトテロ 炎上騒ぎで社長も炎上。名物美味カレーを取り戻せ! 見逃した方はこちらか⇨「Hulu

「ハケンの品格」3話視聴率

「ハケンの品格」第3話が放送されました。気になる視聴率は、11.9%でした!

食品会社の社食でバイトテロが起こってしまう。S&Fの社食でカレーを作っていた牟田が辞めることになってしまう。

「ハケンの品格」3話あらすじ

新入社員の井手(杉野遥亮)は、社内で撮った動画を勝手にネットに投稿していた。
社員食堂で亜紀(吉谷彩子)に撮影してもらった動画が騒ぎに。井手の背後に映りこんでいたのはその日、経費節減で社食をクビになったアルバイトの牟田(六角精児)の怪しい姿だった。逆立ちしてふざけているように見える牟田の姿は、食品会社の社食でわざと行われた「バイトテロ」だと騒ぎになり大炎上!クレーム殺到で、スーパーではS&F社の商品が撤去される始末。

その頃S&F社では評判のいいカレーを売りにして社食を一般客にも営業しようとしていたが、バイトテロ騒ぎで当然ガラガラ。さらに売りのカレーは牟田が担当していたため、途端に不味くなっていた。

里中(小泉孝太郎)は社食のカレーが再び評判になれば、炎上を挽回できるはずと、大前春子(篠原涼子)に以前の味の再現を業務命令する。

しかし春子はあと一歩のところで、あの味を再現できずにいた。
そんな中、春子の昔を知るある人物が現れ…。

出典:公式ページ

風評被害が止まらない!

『ジャストマート』は、S&Fのカレー関連の商品を棚から撤去してしまう。風評被害は止まらなかった。社員食堂では春子がカレーを作り続けていた。

「俺はあそこの厨房たまらなく好きだったんだよな。」

牟田は、カレーの作り方を春子に教えることになった。タマネギは3.時間炒める。その手間がカレーを美味しくしていた。

クミン・コリアンダー・カルダモン・ターメリック・チリペッパーを炒めて入れる。本場仕込みのカレーには小麦粉を入れなかった。

「やり過ぎるくらいこだわるとこ、あの頃から変わってないね。23年前インド大使館で修業していたときから。」

『S&F』のカレーが完成した。口の中にいれたとき、辛さのあとでタマネギの甘さが広がる。それがポイントだった。

バイトが会社を愛してはいけませんか?

社員食堂では、カレーの匂いが漂っていた。春子は社長のコップに水を注ぐ。このカレーは440円では赤字になるほどのカレーだった。

牟田は、安い野菜を仕入れて原価を抑えていた。毎日6時に来て仕込みをする。その努力を誰も知らない。

「1円でも安く新鮮な食材を仕入れ3時間、寝る間を惜しんでカレーを作り。安いバイト代でも文句ひとつ言わず22年、あなたたちがクビにした牟田さんの犠牲なくしては作れないカレーだったからです。」

牟田はクビになった日、厨房を掃除していた。冷凍庫には、勢い余って入り込んでしまっただけだった。バイトテロではなかった。

「バイトが自分の職場を愛しちゃいけませんか?」

社員食堂には、カレー1200円に行列ができるようになった。そして、ジャストマートの撤廃の話がなくなった。

牟田はカレーを屋台で売っていた。むーやんカレーは600円、派遣とバイトは100円引きにしていた。

見逃し動画配信サービス「ハケンの品格」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「ハケンの品格」は、動画配信サービスHuluで配信されています。(オリジナルストーリー「ハケンの珍客」も配信されています。)

・スマホやタブレットでいつでもどこでも楽しむことができます。
・無料で見放題のサービスがあります!

詳しくはこちらから⇨「Hulu

※紹介している情報は投稿日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

【公式】5分でわかる!「ハケンの品格」第3話振り返り動画

「ハケンの品格3話感想

(記事内画像出典:公式ページ)

コメント