【エール】74話あらすじと視聴率!藤堂の出征たった一人のために曲を作れ

朝ドラ「エール」

鉄男は、『暁に祈る』の作詞を諦めようとしていた。裕一は、何とかしてやる気が出せるように考えた。

第74話、すっかり自信をなくした鉄男だった。裕一は福島行きを決行する。

見逃した方はこちらから⇨「NHKドラマエール

「エール」74話視聴率

第15週「先生のうた」第74話が、9月24日木曜日に放送されました。気になる視聴率は、20.2%でした!

昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而、その妻・古関金子をモデルにした話です。昭和という激動の時代に心に寄り添う曲を生み出した。

「エール」74話あらすじ

福島三羽ガラスの思い出

「大将もいろいろ悩んじゃってさ、本領発揮できてないだけだから。何かなー、きっかけがあればいいんだけど。」

裕一は、鉄男と一緒に福島に帰った。

「分かるなー、原点に帰りたくなる時ってあるよね。長く生きてるとさ、時々ふっと人生を見つめ直したい時って…。」

保の原点は、本の匂いだった。恵は、まるで興味がない様子だった。その頃、裕一は福島の実家にいた。

「裕一、お帰り。歌手の方まで来てくれて、みんな大喜びよ。」

裕一の実家には、久志が来ていた。

「僕だって三羽ガラスの一員だからね。仲間外れにしようたって、そうはいかない。」

久志は、どら焼きを手土産に持って来ていた。

「兄ちゃんお帰り。兄ちゃん、よかったな。露営の歌。近所から街の誇りだって言われて、母さんも喜んでいる。」

裕一の弟・浩二も帰省を喜んでくれた。浩二は、福島の日本酒を持って来た。

「露営の歌、人気すげえな。二人とも福島の星だな。お母さんも弟さんもいい人だ。いい家族だな。」

久志は、時々福島に来ていた。鉄男には、会いに行く家族がいなかった。裕一は、藤堂先生を呼んでいた。

たった一人に向けた曲を作る

「久しぶりに大勢集まって嬉しいわ。裕一にも、こんなにいいお友だちいたのね。」

「裕一くんといると、ホッとするんです。僕たちの癒しです。東京でもみんなで助け合ってるんで、どうぞご心配なく。」

藤堂には、5歳になる男の子がいる。藤堂がハーモニカを勧めてくれなければ、今の人生はなかった。鉄男は、藤堂と一緒にいた。

「先生、すみませんでした。ずっと謝んなくちゃって思ってました。先生が紹介してくれて新聞社、相談もしないで辞めちゃって。」

好きな道を進めばいい、藤堂はつねに優しかった。鉄男が道を外さないで来れたのも藤堂のお陰だった。

「陸軍から受けた仕事で6回連続不採用。挙句の果てにクビになりました。」

「俺さ、福島行進曲好きなんだよ。あれって、たった一人の人を想って作った曲だろ。誰か一人に向けて作った曲って、不思議と多くの人に刺さるものだよな。今度は、俺のことを想って書いてくれないか?」

藤堂は、出征することが決まっていた。歌は心の支えになる。鉄男と裕一の曲と一緒に出兵したい。

「みんなとは楽しい思い出ばっかりだ。本当に幸せな教師生活だったよ。」

見逃し動画配信サービス「エール」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「エール」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「エール」74話感想

コメント