【エール】105話あらすじと視聴率!音が教会で唄う最高の舞台へ

朝ドラ「エール」

裕一は、音を教会に連れて行く。教会では慈善音楽会を開くことになっていた。

第105話、音は教会で唄うことになった。

見逃した方はこちらから⇨「NHKドラマエール

「エール」105話視聴率

第21週「夢のつづきに」第105話が、11月6日金曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而、その妻・古関金子をモデルにした話です。昭和という激動の時代に心に寄り添う曲を生み出した。

「エール」105話あらすじ

教会の慈善音楽会

「改めて思ったんだ、これまで生き抜くことで精一杯だった子どもたちに、世の中には楽しい文化がたくさんあるんだって伝えられたらって。」

裕一は、音のために作曲をしていた。音は、子どもたちの元気な歌声を聞いた。

「お母さんがね、教会の慈善音楽会で唄うことになった。」

音は歌う練習を重ねた。

「よく分かんないんだよね自分の気持ち。やりたいことやってるお母さんと自分を比べてイライラするし。諦めようとするお母さんにもイライラするし。」

華は、吟に相談する。慈善音楽会の日、みんなが集まって来た。久志と藤丸は、ちらしを配ってくれた。

御手洗と久志は、久しぶりに再会する。華は竹中を呼んでいた。音楽学校の友人も来てくれた。

慈善音楽会は、子どもたちの歌声からスタートする。ハーモニカの演奏、そして久志と藤丸が歌う。

音楽への繋ぐ想い

「音楽には様々な力があります。慰めたり鼓舞したり、人はいろんな場面で音楽と関わります。僕は音楽家として人に喜びをもたらす音楽を共有したい。」

最後の曲は『青き空へ』。裕一が作曲して音が歌う。

「僕が音楽家として続けて来られたのは、彼女のお陰です。かけがえのない私の恩人です。」

音はステージに立った。裕一がピアノを弾いた。音と裕一は、音楽と共に生きて来た。教会で出会い、裕一は音に一目ぼれしていた。

「聞けてよかったよ、お母さんの歌。」

「ありがとう、やっぱり歌はやめられない。お母さんも本当にやりたいことがハッキリ分かった。」

音楽は人に喜びを与える。人を幸せにする。歌で伝えて行きたい。華は、まだやりたいことが見つからなかった。

「大丈夫、見つかったら全力で応援する。」

裕一は、音の夢を叶えた。そして、未来へと繋いでいく。

「裕一さん、ありがとう。どんな大きな劇場にも負けない、最高の舞台でした。」

見逃し動画配信サービス「エール」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「エール」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「エール」105話感想

コメント