【親バカ青春白書】2話あらすじと視聴率!さくらの恋心と畠山のヒミツ

親バカ青春白書

畠山がある”秘密”をカミングアウト!想定外の事態にさくらの恋にも新たな局面が訪れるが……!?

第2話、娘の恋心に親としてどう向き合うべき? 

見逃した方はこちらか⇨「Hulu

「親バカ青春白書」2話視聴率

「親バカ青春白書」第2話が放送されました。気になる視聴率は、8.5%でした。

「親バカ青春白書」2話あらすじ

さくら(永野芽郁)と共にサークル探しを続けるガタロー(ムロツヨシ)は、新しい出会いと恋愛チャンスに満ちたキャンパスライフに青春ぽさを感じながらも、さくらが変な男と付き合わないか相変わらず心配な日々を送る。一方、「ガタローさんが好きなんだ!」という畠山はたけやま(中川大志)の衝撃告白が頭から離れないさくらは初恋をこじらせ、畠山相手にドギマギする毎日。

そんな中、畠山が何気なく言った「部屋にお化けが出る」という一言に盛り上がった同級生たちが、動画を撮りたいという根来ねごろ(戸塚純貴)の提案で、畠山の部屋での肝試しを企画する。さくらが男の家に上がることに気が気でないガタローは、寛子ひろこ(今田美桜)や美咲みさき(小野花梨)にウザがられながらも同行することに。

翌日。わかりやすいさくらの恋心に焦るガタローが畠山にキツく当たる中、講義を終えた一同は畠山の部屋へ。意外にも立派なマンションに驚く一同だが、激安の家賃を聞いて驚愕!どうやら畠山の部屋は事故物件だったらしく……。そんな中、さくらは畠山が秘密にしていた“ある物”を見つける。畠山による予想外のカミングアウトでガタローをめぐる人間関係は新たなステージへ!さらに、突然一同を不気味な心霊現象が襲う!予測不能な青春・ラブ・ホラー・熱血騒動が、ガタローの親バカで加速する!

引用:公式サイト

畠山はガタローのファン?

畠山は、ガタローの小説のファンだった。部屋の中には、たくさんの本が並んでいた。

「畠、お前。」

ガタローの小説を暗記するほど大好きだった。そんな畠山にガタローは気持ち悪がった。突然、物音が聞こえる。シャワーヘッドが落ちていた。

「大学生は、やっぱり大学生であるべきだよ。」

ガタローは、畠山の弟子入りを断った。美咲が来ると怪奇現象が止まった。さくらは、有名な霊媒師を紹介してもらう。

「怪しくない?絶対、怪しいよ。」

畠山は、ガタローの弟子になることを諦めきれないでいた。さくらに相談する。

「畠山くんね、すごく真剣なの。私も、お父さんにちゃんと認めて欲しい。」

ガタローは畠山に会いに行く。男を見せろ、ガタローにはできないことをやることで認めることにした。

本気を見せろ!

畠山は、今は使っていない畑で野菜を育てることになる。誰の力も借りないことが条件だった。炎天下の中、畠山は倒れてしまう。

「あいつと男の約束したんだ。」

ガタローは誤解していた。さくらのことが好きで挑戦したのかと思っていた。

「みんなには分からないんだ。普通って呼ばれたくないんだ。何やっても普通じゃダメなんだよ。」

ガタローは、さくらにふさわしいか試した。

「何してんの、クソおやじ。」

ガタローは落ち込んでしまう。畠山が退院してきた。いろんなことに気づかせてくれたがタローに感謝した。その言葉にガタローも救われた。

見逃し動画配信サービス「親バカ青春白書」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「親バカ青春白書」は、動画配信サービスHuluで配信されています。(未公開シーンも公開しています。)

・スマホやタブレットでいつでもどこでも楽しむことができます。
・無料で見放題になるサービスがあります!

詳しくはこちらから⇨「Hulu

※紹介している情報は投稿日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

約8分くらいでわかる「親バカ青春白書」第2話ダイジェスト

「親バカ青春白書」2話感想

【親バカ青春白書】2話あらすじと視聴率!さくらの恋心と畠山のヒミツ

コメント