【SUITS/スーツ】5話あらすじと視聴率!イケない隠し事と親子ゲンカ

SUITS/スーツ2

『 コースタル・モーターズ 』のことで玉井はメモを見つけた。そこには玉井のサインがあった。

第5話、発端は1枚のメモ !

見逃してしまった方はこちらから⇨FODプレミアムでどうぞ!

「SUITS/スーツ」5話の視聴率

「SUITS/スーツ」の第5話が放送されました。気になる視聴率は、8.7%でした。

「SUITS/スーツ」5話のあらすじ

過去の勝利は、隠蔽によるものだったのか――?
甲斐(織田裕二)は、『コースタル・モーターズ』の自動車に乗っていた運転手が事故死した裁判で勝訴したものの、同社の自動車に欠陥があったことを示す社内メモが見つかったことで窮地に立たされる。甲斐自身はメモの存在すら知らなかったが、甲斐に対して強烈な敵がい心を抱く弁護士・富樫(髙嶋政宏)は、事実を隠蔽し、被害者とその遺族を法廷で侮辱した甲斐を徹底的に追及すると宣言する。
この件を知った上杉(吉田鋼太郎)は、いまこそ団結して事務所を守るべきだと主張し、甲斐のために優秀な弁護士・副島絵美里(清水ミチコ)を連れてくる。だが、早急且つ、秘密裏に和解を進めるべきだと提案する副島に、反発する甲斐。チカ(鈴木保奈美)は、そんな甲斐を制して副島を雇うことに。

一方、甲斐の秘書・玉井(中村アン)は、コースタル訴訟の資料の中から問題になっている社内メモを発見する。そこには玉井のサインもあった。思いつめた表情でシュレッダーの前に立つ玉井のもとへやってきた大輔(中島裕翔)は、彼女が持っていたファイルに違和感を抱き……。

そんな折、プロモーターの星川卓郎(田中要次)が、天才テニス少年と噂される高山雄哉(髙橋優斗)を伴って甲斐を訪ねてくる。雄哉は、プロ入りに反対する父親と、法的に親子の縁を切りたいのだという。甲斐は、この案件を大輔に任せることにするが……。

公式ページ:SUITS

イケない隠しごと

チカは事務所を守るため、副島を雇うことを決めた。玉井は見つけた書類を見つけシュレッダーの前で迷っていた。

天才テニス少年・高山は、親の反対を押し切ってプロになろうとしていた。大輔は親子の縁を切ることを反対した。

「それは甲斐先生が隠蔽を疑われているコースタルのもの。」

大輔は、玉井のミスを見つけた。証拠書類を破棄したら、それこそ罪になる。許されることではなかった。

「全てを記録したメモがあります。全てを裁判で明らかにします。」

高山は体の痣を見せた。虐待の事実があれば法的処置もできる。

「本当は玉井さんから言わせたかった。これにサインしたら偽証したことになります。」

甲斐は玉井と話をする。玉井は初めてのミスに動揺していた。

「副島先生に疑われて…。もうありません、破棄しました。」

副島は和解に向けて交渉を進めることにする。

親子ゲンカの成れの果て

大輔は、虐待を理由に高山の父親を追い込もうとしていた。だが、高山は浮かない顔をしていた。

「そのメモは、誰が良心の持った人間が告発のために書いたモノじゃ?どうしてその声は消されたんですか?」

甲斐は、自分のミスを認めて謝罪した。

「雄哉くんにウソをつかせたのは、あなたですね。あなたは虐待の事実がないことを知っていた。」

プロモーターの星川は、高山を利用しようとしていた。大輔は裁判をしないことを決めた。

『コールタル』の訴訟問題では、和解金5億円と甲斐の弁護士資格はく奪を条件に出して来た。

「今回のこと見逃すことはできない。あなたを今日付で解雇します。」

玉井はファームをクビになった。

動画配信サービス「FODプレミアム」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「SUITS/スーツ」は、動画配信サービス(2週間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】)で見ることができます!
・視聴するためには、FODプレミアム初回無料トライアルがお得です!
・「SUITS/スーツ」は、見放題作品なので追加料金の必要はありません!
・毎月8がつく日には、400ポイント(合計1,200ポイント)を使うと有料作品を見ることも出来ます!

・動画配信サービス「FODプレミアム」は、無料トライアル期間中に解約すると料金は発生しません!

【月9】8/10(月)放送『SUITS/スーツ2』全面戦争の幕開けA

「SUITS/スーツ」5話感想

コメント