【SUITS/スーツ】6話あらすじと視聴率!甲斐の勝負リスクのない人生はつまらない

SUITS/スーツ2

甲斐は大輔をつれてマカオに向かった。クライアントであるギャンブル依存症の碓氷を追っていた。

第6話、 新章スタート!舞台はマカオ

見逃してしまった方はこちらから⇨FODプレミアムでどうぞ!

「SUITS/スーツ」6話の視聴率

「SUITS/スーツ」の第6話が放送されました。気になる視聴率は、8.5%でした!

「SUITS/スーツ」6話のあらすじ

かけがえのない秘書・玉井(中村アン)を失い、喪失感にかられる甲斐(織田裕二)。ある日、クライアントである碓氷ジュエリー社長の碓氷秀明(博多華丸)に会いに、大輔(中島裕翔)を連れてマカオのカジノを訪れる。碓氷はギャンブル依存症だったが、ここ数年は賭け事を断っていた。だが、甲斐の心配をよそに、カジノのVIPルームでポーカーに興じていた碓氷は、1回の勝負に300万ドル以上も賭けた挙句負けてしまう…。しかも碓氷は、日本人の元会社社長・城田悟志(三浦誠己)から、碓氷ジュエリーの全株式を担保にすることを紙ナプキンに書いて、300万ドルもの金を借りていたのだ。碓氷は城田に、その一瞬で会社の全てを奪われてしまう。
一方、真琴(新木優子)蟹江(小手伸也)は、とあるバレエ団の公演で偶然一緒になる。公演後、バレエ団の演出家・里中栄一郎(吉澤健)が、劇場スタッフともめているのを目撃する蟹江たち。里中は、劇場の稽古場の設備不良が原因で、バレエ団のダンサーがケガをした、と怒っていた。里中の大ファンだった蟹江は、劇場側との交渉の代理人に名乗りを上げると、その案件を真琴に任せることにする。
そんな折、チカ(鈴木保奈美)のもとに、旧友でもある関東弁護士会副会長の羽鳥亜美(堀内敬子)から電話が入る。羽鳥は、『コースタル・モーターズ』訴訟の件で、甲斐が賠償金と弁護士資格のはく奪を和解条件として提示されていることを問題視していて……。

碓氷に借りがあった甲斐は、帰国後すぐに城田と彼の代理人弁護士・安斎芳樹(加藤啓)に会いに行く。奪われたら、奪い返す。甲斐の逆襲が始まろうとしていた。

公式ページ:SUITS

マカオで会社をかけた賭博

「それより、あの紙ナプキン。会社を取られてしまった。」

碓氷は、ひと晩の賭けで会社を奪われてしまった。甲斐は城田に会いに行く。契約は成立している。難しい勝負になった。

大輔は、カジノの防犯カメラを確認する。甲斐は城田と和解しようとする。城田が欲しいのは金ではなかった。

蟹江は、バレエ団がケガをしたことを調べていた。ダンサーは5人もケガをしている。劇場の修繕費用は支払われていなかった。

「里中は劇団の金を着服していた。」

蟹江はバレエ団の収益を調べる。里中が代表を外れることで横領の事実をもみ消すと条件を出した。

リスクのない人生はつまらない

城田は、碓氷を契約不履行で訴えようとした。

「碓氷社長のギャンブル依存症は、世間に公表します。ギャンブル依存症は、日本人にとって無視できないものです。」

甲斐と大輔は、ギャンブル依存症の治療を見せようとした。メディアを味方にしようとした。

3年前、碓氷はギャンブルの補填を会社に頼った。その不正もバレてしまう。この手は通じなかった。

「公表する。俺は不正が嫌いだ。碓氷社長はやらない、だが私はやる。」

甲斐は碓氷の委任状を持っていた。会社を取られるくらいなら潰す選択をしようとした。甲斐はポーカーで勝負を仕掛ける。

「慎重にやった結果がこれだ。上杉が戻り玉井が去り訴えられ。」

城田は誰かに頼って来た。いいところで放り出す癖がある。

「勝つのに必要なのは運じゃない。場を支配する力だ。」

甲斐は勝つことに執着している。城田に勝てるワケがなかった。ここぞという時に大きく賭けろ、甲斐は碓氷から教えてもらった。

「リスクをとらない人生なんて、何が楽しいんです?」

リカは、甲斐の代理人弁護士を解雇した。自分が担当すると決めた。

動画配信サービス「FODプレミアム」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「SUITS/スーツ」は、動画配信サービス(2週間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】)で見ることができます!
・視聴するためには、FODプレミアム初回無料トライアルがお得です!
・「SUITS/スーツ」は、見放題作品なので追加料金の必要はありません!
・毎月8がつく日には、400ポイント(合計1,200ポイント)を使うと有料作品を見ることも出来ます!

・動画配信サービス「FODプレミアム」は、無料トライアル期間中に解約すると料金は発生しません!

【月9】8/17放送『SUITS/スーツ2』新章、スタート

「SUITS/スーツ」6話感想

コメント