【SUITS/スーツ】13話あらすじと視聴率!女性差別から救え聖澤の親子対決

SUITS/スーツ2

甲斐は、女性社員の昇進差別問題を担当することになった。会社側の担当は、真琴の父親だった。

第13話、女性差別から救え

見逃してしまった方はこちらから⇨FODプレミアムでどうぞ!

「SUITS/スーツ」13話の視聴率

「SUITS/スーツ」の第13話が放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「SUITS/スーツ」13話のあらすじ

甲斐(織田裕二)は、『幸村・上杉法律事務所』を去ろうとした蟹江(小手伸也)を引き止めた。だが、『幸村・上杉法律事務所』では、ここ数週間の間に8人のパートナーや6人のアソシエイト、11人のパラリーガルが辞めるという危機的状況に追い込まれていた。一方、大輔(中島裕翔)は、甲斐が雇った元検察官の藤嶋(上白石萌音)に、入所していきなり個室が与えられたことが納得できずにいた。

そんなある日、甲斐と大輔を呼び出したチカ(鈴木保奈美)は、女性社員の昇進差別訴訟を引き継ぐことにしたと告げる。相手は、経協連の理事長を6年務め、内閣府の男女参画委員会の理事にも就任した財界の大物・蓮見昭雄(伊東四朗)が会長を務める『フォルサム食品』だった。

同じころ、真琴(新木優子)は、父親の聖澤敬一郎(竹中直人)とランチをともにしていた。そこで真琴は、高得点を獲得したロースクール統一プレテストの成績通知書を敬一郎に見せようとする。だがその矢先、敬一郎の方から先に東大ロースクールの試験の話を切り出されてしまう真琴。「自分の能力に見切りをつけるのも、社会人に必要なスキルだ」。そんな敬一郎の言葉に失望した真琴は、席を立ってしまう。

ほどなく、甲斐のもとに、『フォルサム食品』側も代理人弁護士を変更したとの連絡が入る。『幸村・上杉法律事務所』にやってきたその相手とは、何と敬一郎だった。敬一郎は、『フォルサム食品』側が先に提示した和解金1億円を100万円に下げる、と言い出した上、原告の井口華子(安達祐実)へのヒアリングを要求する。それを知った真琴は、『フォルサム食品』の訴訟に参加したいと大輔に申し出る。

「父を倒したいのなら私を味方につけるべきです」。

真琴は、大輔にそう告げて……。

公式ページ引用:SUITS/スーツ

女性の昇進差別問題

大輔と真琴は、昇進差別にあった他の女性を探す。『フォルサム食品』の和解協議が行われる。井口の同期たちは課長に昇格していた。

「自分に実力がないことを受け入れられず、リスクをしょって他の分野にチャレンジする勇気もない。」

大輔は、和解協議を終了させる。真琴は質問を止めたことを怒ってしまう。甲斐は会見を開いて世論を動かそうとする。

しかし、『フォルサム食品』の蓮見が先に会見をする。訴訟問題を表に出す。甲斐は蓮見に会いに行く。

「これ以上、強気になると痛い目にあうと警告を。」

聖澤は、甲斐に負けたことがある。2度も負けることはないと断言した。真琴は、完璧な父に負けたくないと思っていた。

人事評価シートのからくり

聖澤は、チカを呼び出しファームの合併を持ち掛ける。

「会社に歯向かうなんて間違ってたんです。他のみんなの方が正しかった。」

井口は戦うことをやめようとした。

「間違ってるのは会社の方です。自分を正しく評価できるのは自分だけです。自分を信じるべきです。」

井口の後ろには何百人の女性の声がある。井口は、昇進差別にあった女性を探す。藤嶋は蓮見の過去を洗う。データは消されていた。

蟹江のスーツからは、ハサミやピンセットが出てくる。武器とみなされて拘束される。藤島の仕業だった。

大輔と真琴は、126人分の人事評価シートを集めた。女性だけ評価点数の評価が違っていた。証拠がある以上、被害者たちは黙ってはいない。

女性の昇進差別は、集団訴訟になる。蓮見は、真っ向から戦うと決めた。聖澤は弁護を外注すると決めた。その相手は上杉だった。

動画配信サービス「FODプレミアム」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「SUITS/スーツ」は、動画配信サービス(2週間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】)で見ることができます!
・視聴するためには、FODプレミアム初回無料トライアルがお得です!
・「SUITS/スーツ」は、見放題作品なので追加料金の必要はありません!
・毎月8がつく日には、400ポイント(合計1,200ポイント)を使うと有料作品を見ることも出来ます!

・動画配信サービス「FODプレミアム」は、無料トライアル期間中に解約すると料金は発生しません!

【月9】10/5(月)放送『SUITS/スーツ2』最終回まであと3話!!

「SUITS/スーツ」13話感想

コメント