【SUITS/スーツ】11話あらすじと視聴率!ひき逃げ事故の真実クライアントを守れ

SUITS/スーツ2

チカと甲斐は、上杉をファームから追い出す。甲斐は、クライアントである佐竹に呼ばれた。息子の交通事故の相談だった。

第11話、最終章スタート

見逃してしまった方はこちらから⇨FODプレミアムでどうぞ!

「SUITS/スーツ」11話の視聴率

「SUITS/スーツ」の第11話が放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「SUITS/スーツ」11話のあらすじ

これですべてが終わったわけじゃない――。

甲斐(織田裕二)によって不正を暴かれ、『幸村・上杉法律事務所』の代表を解任された上杉(吉田鋼太郎)は、そう言い残してファームを去った。チカ(鈴木保奈美)は、さっそくクリーニング業者を入れ、上杉が使っていたオフィスを片付け始める。

一方、大輔(中島裕翔)は、真琴(新木優子)にキスをしたその夜、幼なじみで既婚者の怜(吉谷彩子)と関係を持ってしまう。だが、そこに真琴が訪ねて来て、怜とのことを知られてしまった大輔。あくる日、真琴に弁解しようとするも、冷たくあしらわれる。関係修復を図りたい大輔だったが、甲斐に緊急の呼び出しを受けてしまい…。

事務所にとって最重要クライアントの社長夫人・佐竹美喜子(映美くらら)の自宅を訪れる甲斐と大輔。二人は、美喜子の息子・信吾(伊藤健太郎)が、昨夜、パーティーの帰りにひき逃げ事故を起こしてしまったという相談を受ける。両親を交通事故で亡くしている大輔は、いつになく冷静さを欠いており、それを察した甲斐は、大輔をこの案件から外そうとするが…。

信吾は事故当時、急に人が飛び出してきて避けようがなかったのだと主張。通報したのは信吾自身で、被害者の男性の容体も安定していた。甲斐は、警察に出頭するよう信吾に助言する。いまならまだ、事故を起こしてパニックになってその場を離れたがすぐに出頭した、と主張できるというのだ。

検察庁を訪れて、念のため根回しをしようとする甲斐と大輔は、かつて戦った検事・藤嶋春香(上白石萌音)と再会。示談を主張する甲斐と大輔に対し、藤嶋は被害者の容体が急変し、死亡したことを告げ……。

公式ページ引用:SUITS/スーツ

ひき逃げ事故

「交通事故だと分かっていたら、連れてこなかった。」

佐竹信吾は、ひき逃げ事故を起こしていた。大輔は、両親を事故で亡くしている。甲斐は、感情的になることを心配していた。

被害者は病院に運ばれるが、脳内で出血して亡くなってしまう。検事・藤嶋は、起訴しようとしていた。甲斐は示談に持ち込もうとした。

「私だって不倫くらい経験ありますから。不倫なんて絶対キレイに終わりませんから。」

真琴は、大輔と怜が一緒にいるところを見てしまった。

上杉と付き合いのあるクライアントが契約を解除を申し出て来た。これからが本当の戦いだった。

「あの子の借金返済分と葬儀費用を頂ければ、それだけで。」

被害者の両親は、小さなラーメン店を経営していた。大輔は、1,000万円を提示した。その頃、甲斐は藤嶋に会っていた。

「被害者と示談が成立したんだ。今までで最高の瞬間だった。」

大輔は、怜とはもう会わないと決めた。

何が大切なのか

大輔は、信吾に示談書類のサインを求めた。これで示談は成立する。

「やっぱり鈴木先生には言っておきたくて。飲酒はしてなかった。…前に別のパーティーで勧められたことがあって。…ドラッグを。」

事故当日、信吾はドラッグをやっていた。大輔は、甲斐に報告する。甲斐は、このまま示談を勧めるとした。

大輔は、宮下弁護士のところに向かった。両親の事故の話をする。

「あなたが羨ましいよ。自分がクズだと知っていながら、どうしたらそうやって平然と生きていけるのか?」

大輔は、藤嶋検事に会う。示談は成立していた。甲斐は藤嶋を雇うことを決めていた。

「君の行動は読めた。だから先手を打った。君を守るためにやった。」

クライアントを守ることが弁護士の仕事。大輔は、クライアントを売ろうとしていた。同じことが起きたら大輔を突き落とす。甲斐はそう決めていた。

動画配信サービス「FODプレミアム」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「SUITS/スーツ」は、動画配信サービス(2週間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】)で見ることができます!
・視聴するためには、FODプレミアム初回無料トライアルがお得です!
・「SUITS/スーツ」は、見放題作品なので追加料金の必要はありません!
・毎月8がつく日には、400ポイント(合計1,200ポイント)を使うと有料作品を見ることも出来ます!

・動画配信サービス「FODプレミアム」は、無料トライアル期間中に解約すると料金は発生しません!

「SUITS/スーツ」11話感想

コメント