【SUITS/スーツ】7話あらすじと視聴率!勝つことだけが勝利じゃない甲斐の強さ

未分類

甲斐は富樫と法廷で戦うことになった。上杉の案で、ファームで模擬裁判を行うことになった。

第7話、 まさかの師弟対決

見逃してしまった方はこちらから⇨FODプレミアムでどうぞ!

「SUITS/スーツ」7話の視聴率

「SUITS/スーツ」の第7話が放送されました。気になる視聴率は、7.1%でした!

「SUITS/スーツ」7話のあらすじ

甲斐(織田裕二)に突き付けられたのは、賠償金5億円と弁護士資格のはく奪――。
甲斐とチカ(鈴木保奈美)は、甲斐を訴えた弁護士・富樫(髙嶋政宏)を呼び、和解の可能性を探った。だが富樫は、『コースタル・モーターズ』訴訟で、甲斐が重要な証拠となるはずだった社内メモを隠蔽したのは明らかだとして、和解交渉の余地はないと返す。さらに富樫は、甲斐にとって触れられたくない母親のことまで侮辱して挑発した。甲斐は、思わず富樫に掴みかかり……。

チカは、甲斐の代理人として法廷で富樫と戦うつもりだった。だが、事態を重く受け止めた上杉(吉田鋼太郎)は、ファーム内にも甲斐のことを疑っているメンバーがいるのだから、まず彼らに無実を証明し、裁判で勝ち目があるのかどうかを見せてほしい、と言い出す。その上で、裁判で戦うか、和解に応じるかの最後の審判をシニアパートナーによる投票で決めよういうのだ。
『幸村・上杉法律事務所』で行われる“密室劇”で甲斐の敵側として直接対決することになった蟹江(小手伸也)は、さっそく大輔(中島裕翔)に、仲間になるよう声をかける。甲斐の力になりたいため、これを拒む大輔だったが、蟹江のチームに加わるよう命じたのは、実は甲斐自身だった。実際の裁判で、思わぬ方向から攻められる可能性も考慮して、敢えて大輔を敵側に加えたのだ。

そんな中、甲斐は、玉井(中村アン)に会いに行き、証言をして欲しいと頼む。しかし玉井は、もう『幸村・上杉法律事務所』のことは忘れた、といって甲斐の申し出を拒絶する。
同じころ、甲斐との対決に向けて準備を進めていた大輔は、真琴(新木優子)の言葉からヒントを得て、ある秘策を思いつき……。

公式ページ:SUITS

玉井の想い

ファーム内で模擬裁判が行われた。富樫の役は蟹江が担当した。蟹江は書類を隠された過去を話し出す。

甲斐は勝つためには何でもやる男、メモの1つでも隠すことはする。蟹江はシニアパートナーになれないことで卑屈になっていた。

「甲斐先生を助けられるのは、玉井さんだけです。」

玉井は、模擬裁判に参加した。メモの質問では黙秘をした。これでは先に進まない。蟹江が口を出す。

「彼を愛していますか?」

玉井は、元カレと別れていた。その理由は仕事を優先したからだった。甲斐のためならメモぐらい隠すのではないか?

だが、玉井は書類のことを何も覚えていなかった。玉井は複雑な顔を見せた。

「悪いのはダレだ。あの美しい玉井くんがイヤの思いをしたのも、君のせいだろ。私じゃない。」

甲斐の苦渋の選択

大輔は、検事時代の話を持ち出す。上司の不正を隠したことがある。甲斐には隠蔽体質があるとした。

「男のスキは女が作ってあげるモノよ。」

チカは甲斐が負けた模擬裁判の話をする。証拠の不正を見つけてしまった。その証拠を取り消したことで負けてしまった。

看護師の労働裁判では、看護師に有利な結果に導いた。甲斐は優しい男だと主張した。そんな甲斐が不正をするのは考えにくい。

チカは蟹江を証人に立てた。甲斐が不正をしたと思いますか?

「いいえ。」

甲斐はグランドに来ていた。そこへ富樫が来る。上杉は富樫の弱みを握っていた。和解からは弁護士はく奪が消えた。

「やってもない不正だ。裁判で勝つ。」

富樫の弱みを見つける。それは大輔のアイデアだった。

「勝つことだけが勝利じゃない。僕はそのことをあなたから学んだ。そんなあなたを尊敬していた。でも、もうそうじゃないならあなたから学ぶことは何もない。」

甲斐は和解を決めた。上杉は代表権を取り戻そうと画策する。

動画配信サービス「FODプレミアム」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「SUITS/スーツ」は、動画配信サービス(2週間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】)で見ることができます!
・視聴するためには、FODプレミアム初回無料トライアルがお得です!
・「SUITS/スーツ」は、見放題作品なので追加料金の必要はありません!
・毎月8がつく日には、400ポイント(合計1,200ポイント)を使うと有料作品を見ることも出来ます!

・動画配信サービス「FODプレミアム」は、無料トライアル期間中に解約すると料金は発生しません!

【月9】8/24放送『SUITS/スーツ2』いよいよ新章開幕

「SUITS/スーツ」7話感想

コメント