【竜の道】5話あらすじと視聴率!竜一の犯した罪もう引き返すことはできない

竜の道

竜一は晃を使ってクーデターを起こそうとする。竜二は、まゆみのことで美佐を巻き込んだことを悔やんでいた。

第5話、兄の秘密明らかに…仇の社長追放へ始動

見逃してしまった方はこちらから⇨FODプレミアムでどうぞ!

「竜の道」5話視聴率

「竜の道」第5話が放送されました。気になる視聴率は、5.9%でした!

「竜の道」5話あらすじ

美佐(松本穂香)が両親の自殺の原因を知ってしまった。まゆみ(松本まりか)に近づいたのは、キリシマ急便への復讐が目的なのではないか? 美佐に問い詰められた竜二(高橋一生)は何とかその場をやり過ごすが、一方で、美佐が密かに竜一(玉木宏)を頼りにしていることに 気づき、胸のざわつきを覚える。

それからしばらくして、竜二は視察という名目でキリシマ急便へ。国交省での自分の立場を示すことで、源平(遠藤憲一)にプレッシャーをかけようとする竜二に対し、源平は思わぬ反撃材料で窮地に追い込んでいき…。
一方、竜一は、晃(細田善彦)を使って源平を追い出すクーデター計画を進めていくが、自分の復讐計画が美佐や周りの人間を巻き込んでいくことに内心苦しんでいた。さらに、憎しみに耐えながら源平と良好な関係を築こうとする竜二を気の毒に思い、竜二に対して「ある提案」を持ちかける。

出典:公式ページ

取締役の弱みをつかめ

美佐は、まゆみとのことで竜一に助けられた。復讐のために近づいている。美佐は竜一に不信感を抱いていた。

竜一は、晃とクーデターを起こすため取締役の弱みを握ろうとする。

竜二は、まゆみを食事に誘った。まゆみは美佐との関係を知りたがった。

「捨てられたんだよ、赤ん坊の頃。それで子どものいない、ある夫婦に引き取ってもらい育ててもらった。その夫婦が10年後生んだのが美佐だ。」

まゆみの心は動いていた。竜二の前で笑うようになっていた。その頃、源平は竜二のことを調べていた。

「相手の男、ウチのトラックにかけている損害保険会社の人間ですよね。保険契約を継続するのと引き換えに毎月金もらってるんじゃないんですか?」

晃は、取締役・小田島を脅した。子どものために不正な金を受け取っていた。

竜一の犯した罪

フリーライター沖は、竜一のことを執拗に追っていた。ブラジルに行く前に何があったのか?名前を変えていることまで知っていた。

「沖って記者がうろついてるだろう?気が休まらねーなスネに傷持ってると。」

曽根村は心配していた。斎藤一成は死んでいる、裏社会でウワサを流すことにした。竜二は『キリシマ急便』の視察に向かった。

「ようやく謎が解けたんですわ。あなたがどうしてウチの娘に近づいたのか。」

源平は竜二のことを調べていた。吉江運送・両親の自殺、仇を打つために近づいたのか。

「私は両親のような負け犬にはなりたくない。強い側に行きたい、あなたのように。」

美佐は、竜一を待ち伏せした。兄の復讐を助けているのか?美佐は竜二の行動がおかしいと感じていた。結局、美佐を苦しめてしまった。

「俺は人ひとり殺してるんだよ。ブラジルに行く前に。」

竜一は普通の生活を送ることは許されない。でも、竜二は引き返すことはできる。その頃、小田島が晃側についた。

「それでも俺は、お前と一緒に行くぞ。お前と俺は二人で1つだろ。」

動画配信サービス「FODプレミアム」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「竜の道」は、動画配信サービス(2週間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】)で見ることができます!
・視聴するためには、FODプレミアム初回無料トライアルがお得です!
・「竜の道」は、見放題作品なので追加料金の必要はありません!
・毎月8がつく日には、400ポイント(合計1,200ポイント)を使うと有料作品を見ることも出来ます!

・動画配信サービス「FODプレミアム」は、無料トライアル期間中に解約すると料金は発生しません!

【第6話PR・60秒】竜の道 二つの顔の復讐者

「竜の道」5話感想

コメント