【竜の道】6話あらすじと視聴率!仇の妻に異変が弱みにつけ込む計画

竜の道

竜一はブラジルに行く前の話をする。竜二は、それを知った上でも復讐を果たそうとしていた。

第6話、仇の妻に異変!弱みにつけ込む追放計画

見逃してしまった方はこちらから⇨FODプレミアムでどうぞ!

「竜の道」6話視聴率

「竜の道」第6話が放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「竜の道」6話あらすじ

晃(細田善彦)が取締役の半数以上を味方につけ、源平(遠藤憲一)追放に向けたカウントダウンが始まる。一方、夫と息子の関係悪化に胸を痛める芙有子(斎藤由貴)は、2人の仲を取りもとうと源平に歩み寄るが、結婚当初からある想いを抱えていた源平は、芙有子の話を聞こうともせず、怒りを爆発させる。ところがその矢先、芙有子が突然病に倒れ、源平は激しく動揺する。

竜二(高橋一生)と真剣に付き合うことを決めたまゆみ(松本まりか)は、美佐(松本穂香)との親交を深め、さらに、ひょんなことから竜一(玉木宏)と竜二、晃を含めた5人で食事をすることに。その席で、竜二が復讐のためにまゆみに近づこうとしているのではと疑う美佐を前に、竜一と竜二は「ある作戦」に出る。しかし、会話は思わぬ方向に進んでいき…。
そのころ源平は、芙有子の傍らで完全に精気を失っていた。竜一は今がチャンスとばかりに取締役会を決行するが、当日、思わぬ事態が起きる!

出典:公式ページ

源平のアキレス腱

「最初は政略結婚でも、その後は歩み寄ったり話合ったり…。でも、あなた私の話なんて聞いてくれなかったじゃないですか?」

芙有子は、実家の家を助けるために源平と結婚していた。その日から殻に閉じこもり軽蔑して来た。源平は、芙有子にそう感じていた。

「まさか源平のアキレス腱が女房だったとな。」

芙有子が倒れてしまう。竜一は、取締役会を2日後に決行する。晃を使って源平を追放しようとする。

「私の親が経営していた会社をキリシマ急便に潰されたんです。」

竜二は、まゆみと晃の前で兄の話をする。

「真っ直ぐな人でしたよ。厳しいことを言う時は、私の頬をつまむんです。」

美佐が好きな人の話をする目をしている。美佐は、そう感じていた。

母の最期の望み

芙有子の状態は悪かった。いつどうなるか分からないほどだった。会社に必要な書類は、竜二が届けることになっていた。

「いやー、むしろ継いでもらいたいくらいですよ。」

晃は、父親の後を継ぐことに不安を感じていた。竜一は取締役たちを呼んでいた。そこに竜二が来る。

「何をされてるんですか?みなさんで何の密談ですか?」

取締役会での裏切者を炙りだすための演技だった。二見が竜二に近づいてきた。竜二は違法カジノでの接待を密告した。

「殺しでもしたら困るからだよ、お前が。」

竜二は、二見のことを竜一に言わなかった。竜二なりの考えがあったからだった。

「あなたは、あなたの信じる道を行ってね。それが母さんの幸せだから。」

取締役会では、晃は発言をしなかった。会議中、芙有子が息を引き取った。愛して愛されたかった。源平への想いを込めた手紙が残っていた。

源平は、竜一をコンサルから外した。そして、過重労働でまた運転手が死んでしまう。二見は運輸局に密告した。

動画配信サービス「FODプレミアム」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「竜の道」は、動画配信サービス(2週間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】)で見ることができます!
・視聴するためには、FODプレミアム初回無料トライアルがお得です!
・「竜の道」は、見放題作品なので追加料金の必要はありません!
・毎月8がつく日には、400ポイント(合計1,200ポイント)を使うと有料作品を見ることも出来ます!

・動画配信サービス「FODプレミアム」は、無料トライアル期間中に解約すると料金は発生しません!

【第7話PR・60秒】竜の道 二つの顔の復讐者

「竜の道」6話感想

コメント