【親バカ青春白書】5話あらすじと視聴率!さくらのデートに同伴するガタロー

親バカ青春白書

根来は大学に来なくなっていた。そんな根来をガタローが心配していた。

第5話、娘のデートに親同伴・転落ユーチューバーを救えるか

見逃した方はこちらか⇨「Hulu

「親バカ青春白書」5話視聴率

「親バカ青春白書」第5話が放送されました。気になる視聴率は、8.3%でした。

「親バカ青春白書」5話あらすじ

元カレ騒動以来、美咲みさき(小野花梨)が小比賀家に転がり込んで2ヶ月。ガタロー(ムロツヨシ)たちは大学2年の初夏を迎えていた。家族の一員のように小比賀家の生活に馴染む美咲だが、さくら(永野芽郁)は年の差を物ともせず家でもバイト先でもやけにウマが合うガタローと美咲の仲の良さが気にかかる。ガタローの仕事部屋で小説を読み漁る美咲にただならぬものを感じるさくらは、寛子ひろこ(今田美桜)とハタケ(中川大志)に相談。しかし、やけに小慣れた二人の掛け合いを見て、今度は寛子とハタケの関係も気になりだし……。

そんな中、ガタローは最近大学に姿を現さなくなった根来ねごろ(戸塚純貴)のことを心配していた。YouTubeチャンネルの動画は毎日更新されているものの、友達からの連絡にも返信を返さない根来はその頃……。

一方、相変わらず恋に奥手なさくらをもどかしく思う寛子は、さくらとハタケを呼び出しある作戦を決行する。ついに動き出すさくらとハタケの恋!その時、親バカガタローは!?

引用:公式サイト

さくらの告白

「私が好きだから、できればお付き合いを申し出たく。」

さくらは、寛子に騙されてハタケに告白してしまう。父親を大切んしているところ、梅干しが美味しいところハタケも了承した。

「ガタローさん、さくらさんとお付き合いさせて頂くことになりました。」

さくらとハタケはデートすることになった。楽しそうな2人の前にガタローが現れる。さくらは父親の存在を疎ましく思ってしまう。

「畠山くん、ごめんね。本当にごめん。」

どんな状況でも二人でいられることに幸せを感じていた。ガタローは、根来の動画が配信されないことに気がつく。

「毎日毎日、動画の更新、ムリしながら。気づいたら、やらせにしか見えなくて。」

新しい企画を考えるが何も思いつかない。根来は自暴自棄になっていた。部屋の中も汚れていた。みんなで掃除をすることにする。

ガタローは小説家として売れたのは1冊だけ。根来の気持ちがよく分かった。

一発屋をバカにするな!

根来の部屋からお金がなくなってしまう。動画のカメラが回っていた。持ち出したのはスタッフだった。

ガタローは、根来のスタッフに会いに行くことにする。

「こいつの部屋から、お金の入った封筒持って行きましたよね。」

2人は、300万円を返した。一発屋とバカにされる。

「てめーら、1発屋バカにすんじゃねえ。1発も当てたこともねー奴がごまんといる中で、1発当てたんだ。それだけで充分すげえじゃねーか。」

何もできないゼロの奴がバカにする資格はない。ガタローは根来のことを怒る。

「根来、お前もお前だよ。何あんな奴らの言うことで傷ついてるんだよ。金にも人にも簡単に振り回されやがってよ。」

根来は反省していた。そして、お礼に実家から送られた鯛をさばいて刺身にした。

「ねぇ、ガタローの新作読みたい。」

美咲は、ガタローの書いた小説を全部読んでいた。ガタローは、本気で新しい小説を書くと決めた。

見逃し動画配信サービス「親バカ青春白書」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「親バカ青春白書」は、動画配信サービスHuluで配信されています。(未公開シーンも公開しています。)

・スマホやタブレットでいつでもどこでも楽しむことができます。
・無料で見放題になるサービスがあります!

詳しくはこちらから⇨「Hulu

※紹介している情報は投稿日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

親バカ青春白書(オヤハル)」第⑤話は東京大学恋物語!初デートに親同伴?!ガタローにも恋の予感!?+エンディング映像「公私混同(ゆず)

「親バカ青春白書」5話感想

コメント