【親バカ青春白書】6話あらすじと視聴率!波瀾のシェアハウス一緒にいられる幸せ

親バカ青春白書

ガタローは、さくらのことが心配で同じ大学に入った。そのことを編集者に告白する。

第6話、波瀾のシェアハウス。人の恋路を邪魔するのは誰だ?

見逃した方はこちらか⇨「Hulu

「親バカ青春白書」6話視聴率

「親バカ青春白書」第6話が放送されました。気になる視聴率は、8.2%でした。

「親バカ青春白書」6話あらすじ

親バカが高じて二度目の大学生活を満喫していたことを担当編集者の尾崎おざき(谷口翔太)に打ち明けたガタロー(ムロツヨシ)は、小説家としての再起をはかるため頭を下げる。

5ヶ月後―。大学2年の冬を迎えたさくら(永野芽郁)たちは成人式を間近に控えていた。ハタケ(中川大志)との交際も順調なさくらだが、いい雰囲気になると必ず現れるガタローのおかげで未だにキスも未遂のまま。

そんな中、相変わらず美咲みさき(小野花梨)が居候を続ける小比賀家に、顔にアザを作った寛子ひろこ(今田美桜)が訪ねてくる。事情を抱えた寛子は、冬休みの間小比賀家に泊めて欲しいと頼み……。さらに留年危機の迫った根来ねごろ(戸塚純貴)が、大量のレポートを提出するために力を貸して欲しいと転がり込んでくる。流れに乗ったさくらがなぜかハタケまで呼び出し、小比賀家での冬休み青春シェアハウスがスタート!胸に芽生えた予想外の恋、いつしか生まれた意外な友情、錯綜する人間関係……小比賀を舞台に、めくるめく青春群像劇が繰り広げられる!

引用:公式サイト

同級生たちとシャアハウス

「親バカ親父の青春リスタート。」

ガタローの担当編集者・尾崎は、大学生活を小説にしようと乗り気だった。さくらはハタケとの時間をガタローにジャマされていた。

男とケンカした寛子、レポートを提出しないといけない根来が転がり込んでくる。さくらは、ハタケまで呼んで一緒に暮らすことになった。

「何かシェアハウスっぽいね。」

6人での生活は、にぎやかで楽しかった。夕飯には、すき焼きを作った。美咲とハタケは、ガタローの作品のことで盛り上がる。

「なぁ寛子、本当に成人式でないの?」

寛子は、ガタローに昔の話をする。学生の頃、寛子はイジメにあっていた。だから、東京に逃げた来ていた。みんなに会えて幸せだった。

「美咲ってさ、口悪いんだけどちゃんと叱ってくれるって言うか。」

根来は、美咲のことをいつの間にか好きになっていた。

ガタローとの出会い

『雨の日曜日』は、幸子がモデルになっているのでは?切ないラブストーリーをガタローが描いた作品だった。

「寛子のことを好きになる人は、これからたくさんいます。だから好かれて好きになるんじゃなくて、寛子の方が好きで好きで堪らなくなる人を見つけて下さい。」

ガタローは、新しい小説を書くことになった。娘が好きすぎて大学に通ってしまった。ガタローの話を小説にすることになった。

寛子は、パーティーで助けてもらったことを思い出す。ハタケは、ハタケを耕して熱中症になったことを思い出す。

美咲は、元カレから救い出した。根来はユーチューバーの一発屋から助けた。尾崎は小説にしようと企画を出すことに決める。

成人式の日、さくらは熱を出す。ガタローは美容院をキャンセルした。

「お父さん、大好きだよ。」

その後、成人式のお祝いを行う。みんなは初めてのビールを飲んだ。美咲は酔ってガタローにキスをししまう。

見逃し動画配信サービス「親バカ青春白書」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「親バカ青春白書」は、動画配信サービスHuluで配信されています。(未公開シーンも公開しています。)

・スマホやタブレットでいつでもどこでも楽しむことができます。
・無料で見放題になるサービスがあります!

詳しくはこちらから⇨「Hulu

※紹介している情報は投稿日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

約11分くらいでわかる「親バカ青春白書」第6話ダイジェスト

「親バカ青春白書」6話感想

コメント