【半沢直樹】2話あらすじと視聴率!スパイラルを守れ子会社プライドの全てを賭ける

半沢直樹

日曜劇場「半沢直樹」が7月19日(日)から放送スタート。主演を堺雅人さんが演じている。

第2話、卑劣な上司に倍返しだ!子会社プライドで仲間と戦え!!

「半沢直樹」2話視聴率

「半沢直樹」第2話が放送されました。気になる視聴率は、22.1%でした!

第1話の視聴率は22.0%でした。それを上回る勢いを見せています。今後の展開が楽しみです!

「半沢直樹」2話あらすじ

東京中央銀行に大型買収案件を横取りされた半沢(堺雅人)は、部下の森山(賀来賢人)とともに銀行に逆襲を誓うが、依頼主である電脳雑伎集団・副社長の美幸(南野陽子)たちからは全く相手にされず追い返されてしまう。そこで、電脳の買収相手であるスパイラル社長の瀬名(尾上松也)に再度アプローチを試みるが…「銀行の子会社なんか信用できない」と拒絶され、八方塞がりに。

一方、半沢たちを裏切り銀行に戻った三木(角田晃広)だったが、希望していた営業ではなく、伊佐山(市川猿之助)や諸田(池田成志)から雑用ばかり言いつけられる不遇な毎日を過ごしていた。
瀬名は太洋証券の広重(山崎銀之丞)のアドバイスにより、新株発行でこの難局を乗り越えようとしていた。その新株の買取先・ホワイトナイト役に名乗りを上げたのは、なんと瀬名の憧れとも言うべきIT業界のカリスマ・フォックス社長の郷田(戸次重幸)であった。
しかし、そこには巨大銀行の新たな罠がしかけられていて…。

出典:公式ページ

1,000億の融資先はどこだ!

半沢は『スパイラル』と秘密保持契約を結んだ。フォックスと提携することでオリジナルスマートフォンの開発ができる。

新株を購入するためには1,000億円が必要になる。契約は翌日の市場が開く前に行うことになった。

「気になることが二つある。今のフォックスに1,000億の資金を用意する余裕はないと思うがな…。」

フォックスの株価は下がっていた。メインバンクは東京中央銀行だった。半沢は伊佐山から呼ばれる。情報が漏れていた。

「単刀直入に言う。銀行の買収情報が知りたい。」

半沢は、渡真利から情報を掴もうとする。証券部のセキュリティは固かった。渡真利は、明日の8時までにフォックスの融資を調べることになった。

半沢は三木と呼び出す。三木は二人の前で頭を下げた。買収計画書は原本しかない。その原本は伊佐山のデスクの中にあった。

詐欺まがいのスキーム

翌日、半沢は渡真利から連絡を受ける。東京中央銀行はフォックスに1,000億円の融資を承認していた。

「郷田さんは投資による巨額損失をだしたらしいんだ。」

森山は瀬名に連絡をする。瀬名は郷田から借りる銀行名を聞き出す。郷田は白水銀行とウソをついた。浜村は森山に画像を送っていた。

「これで全てが繋がったな。」

半沢と森山はスパイラルに向かった。

「電脳が買収に成功するまで、このペースだと3週間以上はかかる。だが瀬名さんが契約書にサインした瞬間、瀬名社長はスパイラルを失う。」

三木は、伊佐山のデスクから買収計画の画像を半沢に送った。その書類を瀬名に渡した。

電脳と東京中央銀行は、新株をフォックスに買わせることでスパイラルを手に入れようとした。太陽証券の広重と電脳と会っている画像を見せる。全ては伊佐山が描いたことだった。

東京セントラル証券はスパイラルと正式にアドバイザー契約を結ぶ。子会社が親会社に敵対することになる。

「天下の東京中央銀行が子会社の案件を無断で奪い取り、詐欺まがいのスキームを立てた。あろうことか役員会の承認つきでです。」

半沢は、銀行と電脳を叩きのめす覚悟でいた。

見逃し動画配信サービス「半沢直樹」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「半沢直樹」は、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」か「TVer(ティーバー)」で見ることができます。

・「Paravi(パラビ)」は、2週間が無料の見放題サービスがあります。2週間を超えると月額1,017円がかかります。

・TBSドラマの人気ドラマが見放題になります。

*無料サービス中に解約すると料金の発生はありません!

「TVer(ティーバー)」は、放送後7日間だけ無料で見ることができます。

※紹介している情報は投稿日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

日曜劇場『半沢直樹』7/26(日) #2 宿敵との再会!! 孤立する半沢【TBS】

「半沢直樹」2話感想

「半沢直樹」2話は、ギリギリのところでスパイラルの乗っ取りを防ぐことができた。このことにより親会社と敵対することになる。

コメント