【エール】91話あらすじと視聴率!戦争は裕一から音楽を奪った

朝ドラ「エール」
終戦から3ヵ月、裕一は曲を作れないでいた。音は豊橋が心配で実家に向かう。 第91話、裕一は音楽とは離れた時間を過ごしていた。 見逃した方はこちらから⇨「NHKドラマエール

「エール」91話視聴率

第19週「鐘よ響け」第91話が、10月19日月曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します! 昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而、その妻・古関金子をモデルにした話です。昭和という激動の時代に心に寄り添う曲を生み出した。

「エール」91話あらすじ

ラジオドラマ

鉄男は、作詞家に戻っていた。おでん屋・新聞記者・作詞家、節操がないと感じていた。 「いやいや、しなやかに生きる。まさにバンブー。」 保の恵みの明るさは、鉄男を癒してくれた。 「馬具はもう終わりかもね。戦争も終わったし、もう馬に乗る時代じゃないだろうし。岩城さんのためにも、ここ再建しなければ。」 五郎は、他に皮を使う仕事を見つけようとする。 「ラジオドラマやりませんか?私が書いたドラマに、先生の音楽を添えて頂きたい。」 池田次郎は、裕一をラジオドラマに誘いに来た。 「私は先生の愛国の華が大好きです。初めて聞いた時、心が震えました。いつかこの人と仕事がしたいって、ずっと思ってました。」 裕一は難しい顔をしていた。 「音楽は、もういいかな。」 「今のお父さん見たら、弘哉くんどう思うのかな。お父さんの曲聞きたいって、きっと思ってると思うよ。」 音は豊橋に来ていた。岩城は、まだ目を覚まさないでいた。心臓の鼓動が弱く、あとどれくらい持つのか分からない状態だった。

岩城に誓った想い

音は、空襲で焼け野原になった豊橋を見つめた。 「全部なくなってしまったんだね。」 「命が助かっただけでも良かったわ。それに私たちの思い出は、ここにある。」 光子は音の胸を押した。 「華は立ち直ろうとしているけど、裕一さんはずっと曲が書けんでいるの。」 梅と五郎は、皮でできる製品を探した。 「先生に弟子入りしたのは、紺碧の空。あー、あー、野球のグローブだ。」 五郎は野球のグローブを作ると決めた。眠り続ける岩城に報告する。その夜、音は東京に戻った。 「女将さん、長い間ありがとうございます。」 光子は、岩城の声を聞いたような気がする。そして、岩城は静かに息を引き取った。岩城の遺影には必ず立ち直ると約束した。 「こんな会社こっちから願い下げだ。」 工場でくず鉄を拾う仕事、智彦にはプライドがあった。 「あのさ、1杯のラーメンだって作るの大変なんだよ。あんたできる?美味いの作れる?」 裕一は、戦争で儲けているとウワサをされていた。

見逃し動画配信サービス「エール」

見逃し動画配信サービスの使い方 ・「エール」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している! ・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します! ・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント) ・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!
※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「エール」91話感想

コメント