【おちょやん】69話ネタバレと感想!天海を描いた丘の一本杉

朝ドラ「おっちょやん」

千之助は逃げ出そうとしていた。そこに千代が来る。

第69話、悔しくて寂しくても苦られない役者の仕事

「おちょやん」69話視聴率

第14週「兄弟喧嘩」第69話が、3月11日木曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します。

大正5年、竹井千代は大阪の南河内の貧しい家に生まれる。9歳の時に芝居茶屋に奉公に出る。そこから華やかな芝居の世界に魅了されていく。

「おちょやん」69話あらすじ

役者をやめなかった理由

「教えておくんなはれ、何でウチら万太郎一座に勝てらへんのだす?」

どうしても負けたくない。千代はその理由が知りたかった。

「これが勝たらへん理由じゃ。自分でもわかっとるんや、万太郎が絡むと冷静ではいられへん。ワシでは勝たらへん。」

負けると分かっている勝負はしたくない。千之助は逃げようとしていた。

「何で役者やめられへんかったんだす?」

万太郎に裏切られても役者を続けて来た。ヨシヲと暮らすのが夢だった。一平と結婚してやめたほうがいいと思ったこともある。でもやめられなかった。

「千之助さん抜きで万太郎はんに勝てるんやろか?」

『家庭劇』は、競い合って盛り上げてくれればいい。大山は当て馬にしようとしていた。万太郎の腕が鈍らないように、ただそれだけだった。

千之助は一平のところに向かった。逃げ道を探った自分に怒っていた。

丘の一本杉

「頼む、力貸してくれ。万太郎に勝ちたいんや。ホンマのところ、怖いんや。負けてな、見下されるんが怖いんや。」

千之助は万太郎に認めてもらいたかった。こそこそ隠れるようなことはしたくない。万太郎が大好きだった。

「当たり前やないですか。2人して力合わせますんや。」

一平と千之助は書斎で本作りに没頭した。

「アホか。向こうは万太郎18番やぞ、そんなもん弱いわ。」

父親・天海を思い出す。親父だったらどないするんやろう?天海が生きていたら、間違いなく人気を二分していた。

「それや、親父のこと書いたらどないでしょう?」

一平と千之助は、『丘の一本杉』を書きあげた。千代は、ルリ子と香里を連れて来る。

「おう、久しぶりやな。これな、どないしても女優の芝居が出てしまうのや。出てくれへんかな、この通りや。」

千之助は頭を下げた。今回だけはと許してもらえた。

見逃し動画配信サービス「おちょやん」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「おちょやん」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

<p>※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「おちょやん」69話感想

コメント