【おちょやん】44話ネタバレと感想!一平の作る喜劇に女方はいらない。

朝ドラ「おっちょやん」

一平の作る喜劇に女形は出さない。新しい喜劇の時代を作るため、漆原に辞めて欲しいと言い出す。

第44話、新しい喜劇を作るため女方はいらない。

「おちょやん」44話視聴率

第9週「絶対笑かしたる」第44話が、2月4日木曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します。

大正5年、竹井千代は大阪の南河内の貧しい家に生まれる。9歳の時に芝居茶屋に奉公に出る。そこから華やかな芝居の世界に魅了されていく。

「おちょやん」44話あらすじ

新しい喜劇を作るんや

「俺の作る喜劇に女形は出しません。女の人に役は女の人に演じてもらいたいんです。」

一平は新しい喜劇を作ろうとしていた。

「みんな自分のことのように笑ろうて泣いて、明日も頑張ろうて思ってもらえるような。歌舞伎やシェークスピアのような何遍も上演されて。」

何十年たっても忘れられないような喜劇を作りたい。そこに女形は必要ないとした。

「女形は偽物っちゅうことか?」

一平は、漆原に男の役を求めた。漆原は怒って出て行ってしまう。

「辛いくせに鼻歌なんか歌うな。」

福富の店の前で話してると菊が手てきた。ミルクセーキを飲むことになってしまう。一平は岡安の話をする。

「あんたらの面倒を見れんようになったときは、岡安の暖簾おろすときだす。そないあてが決まました。」

しずは覚悟を決めていた。

千之助の喜劇に対する想い

「ほんまに道頓堀を出て行くつもりか?」

漆原は芝居をやめようとしていた。その頃、千ノ助は昔を思い出していた。万太郎と一緒に芝居をしていた頃、そしてクビになったこと。

「あんたが千之助か?ワシを笑かしてみ、笑かいし。」

お店にいると地震が来る。

「おい、女将。こうやれ、こうやれ。」

千之助は、両手を広げてバタバタと上下にふった。

「こうやって、揺れてんの分からへんから。」

女将は同じようにバタバタする。いつの間にか地震はおさまっていた。千之助は大笑いする。

「ワシは天海天海申します。ワシと一緒に喜劇やってもらえませんか?」

千之助の今があるのは天海のお陰だった。

「もうちょっと一緒に芝居したかったわ。」

一平は漆原の仲間たちに囲まれていた。そこへ漆原が来る。

「これからの芝居に女形はいらんのや。これからは、どんどん女優が活躍するんや。あんたはもう用済みなんや。」

見逃し動画配信サービス「おちょやん」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「おちょやん」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

<p>※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「おちょやん」44話感想

コメント