【ウチの娘は、彼氏ができない】4話ネタバレ!漱石の夢とオタ娘の恋の新喜劇

ウチの娘は、彼氏ができない‼

碧の作品『私を忘れないでくれ』が映画化されることが決まった。人気ボーカリストのユウトが主演することになった。

第4話、なかったことにしたいキス!オタ娘は恋の新喜劇 

見逃した方はこちらか⇨「Hulu

「ウチの娘は、彼氏ができない‼」4話視聴率

「ウチの娘は、彼氏ができない」第4話が放送されました。気になる視聴率は、8.2%でした!

「ウチの娘は、彼氏ができない‼」4話あらすじ

漱石の熱い想い

空のところに渉が来る。渉には忘れられない人がいた、だからデートを失敗させようとした。空は見くびられた気がして席を立つ。

その頃、碧は映画の打ち合わせをしていた。ユウトは作品の内容を変えようとしちた。自分の作品を使う必要があるのか?碧は疑問を感じた。

「だから男女入れ替えるってことで。」

小西はユウトの言いなりになっていた。その頃、『おだや』ではゴンの見合いが破談になっていた。

漱石は碧のためにプロットを考えた。作品を変えたくない碧はもがいていた。

「君、盗作したって本当?」

碧は漱石の過去に触れてしまう。スキャンダルが理由で文芸に異動した。でも、それは作者を守るために漱石が犠牲になっていた。

空は光の原作を元に絵を描いていた。ボヤっとしていたイメージが見えて来た。

物語には命がある

「実は僕、両親を事故で亡くしたんです。家族が欲しかった。」

渉は小学校3年の時に約束をした。うさぎ小屋の前で結婚の約束をした。渉はその約束を守ろうとしていた。空は渉を追った。

「すっころんだ時にメガネをかけてもらったことが忘れられないんです。」

空は、もう一度デートを申し込んだ。その姿を見て光は変わろうとした。

碧の本は大きく変更されていた。漱石は脚本家に変更をお願いする。でも、聞き入れてはもらえなかった。

漱石はユウトに会いに行く。ユウトとプロデューサーは、曲のことで揉めていた。

「あなたの曲に命があうりょうに、物語にも命があります。あなたなら分かるんじゃないんですか?」

ユウトは水無瀬碧のファンだった。ごめんなさい、ユウトは頭を下げた。

見逃し動画配信サービス「ウチの娘は、彼氏ができない‼」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「ウチの娘は、彼氏ができない‼」は、動画配信サービスHuluで配信されています。(未公開シーンも公開しています。)

・スマホやタブレットでいつでもどこでも楽しむことができます。
・無料で見放題になるサービスがあります!

詳しくはこちらから⇨「Hulu

※紹介している情報は投稿日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「ウチの娘は、彼氏ができない‼」4話感想

コメント