【MIU404】3話あらすじと視聴率!ニセの110番通報を追えドラッグが奪った陸上部の未来

MIU404

ネット上のゲームを真似した事件が起こった。110番通報をして警察から逃げきったら勝ち、伊吹と志摩は犯人からの連絡を待った。

第3話、分岐点。

「MIU404」3話視聴率

「MIU404」第3話が放送されました。気になる視聴率は、10.6%でした!

野木亜希子が脚本のオリジナルドラマは、第2話も塚原あゆ子が演出している。1話の視聴率は13.1%、2話は11.5%だった。

「MIU404」3話あらすじ

西武蔵野署管内でイタズラの通報が頻発している。西武蔵野署の刑事・毛利(大倉孝二)と向島(吉田ウーロン太)によると、イタズラ通報は“通報したプレイヤーが警察から逃げ切ったら勝ち“というネット上のゲームのルールを模倣した愉快犯の遊びであるという。これまでそのイタズラ通報に対応した警官全員が犯人に逃げ切られていると聞いた伊吹(綾野剛)は「足で負ける気はしない」と、犯人逮捕に名乗りを挙げる。
後日、伊吹と志摩(星野源)が管内をパトロールしていると、入電中に通話が切れるというこれまでのイタズラと同じ手口の通報が入り…。

出典:公式ページ

ドラック販売で陸上部が廃部

西武蔵野署では、女性がいたずらされる事件が発生していた。その110番通報の中には虚偽の事件もあった。

伊吹と志摩がパトロール中、110番通報が入った。現場につくと犯人は待ち構えていた。

「任せとけ余裕。」

伊吹は足の速さに自信があった。犯人は、ものすごい速さで逃げ切る。4人係のリレーをしていた。志摩が見ていた。

みまもり自販機の防犯カメラから犯人を特定した。機捜は応援をすることになった。『バシリカ高等学院』の校長の様子だけが気になった。

「トローチみたいな薬、売りつけられそうになって…。」

陸上部員は、危険ドラッグのドーナッツEPを学校内で売っていた。そのため廃部になってしまった。

「私はそれを彼らが教育を受ける事態で損失した結果だと考えてる。社会全体でそういう子どもたちをどれだけ救い上げられるか、5年後10年後の治安はそこにかかってる。」

桔梗は、子どもたちの未来に不安を感じていた。

女子高生の拉致事件

110番通報が入った。犯人を伊吹が追う。第1走者を九重が逮捕する。第2走者を志摩が追う。真木は、見知らぬ男に襲われそうになる。

110番通報をするが、虚偽の声と一致してしまう。緊迫した声から本当に襲われたと判断する。

「俺は今から襲われた真木カオリを助けに行く。逃げるか、来るか今決めろ。」

九重は成川を逃がしてしまう。カオリはスクラップ工場に拉致されていた。犯人はスタンガンを持っていた。間一髪で逮捕することができた。

虚偽の事件を起こした学生たちは家裁送りになった。インターネット上には、高校名と実名が広まってしまう。

「罪を裁くのは司法の仕事、世間が好き勝手に指摘制裁を加えていい理由にはならない。」

成川だけが行方不明だった。陸上部の名簿はシュレッダーにかけられていた。陸上部の売人をそこから探ることはできなかった。

その頃、成川は薬を持つ男に会っていた。

見逃し動画配信サービス「MIU404」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「MIU404」は、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」か「TVer(ティーバー)」で見ることができます。

・「Paravi(パラビ)」は、2週間が無料の見放題サービスがあります。2週間を超えると月額1,017円がかかります。

・TBSドラマの人気ドラマが見放題になります。

*無料サービス中に解約すると料金の発生はありません!

「TVer(ティーバー)」は、放送後7日間だけ無料で見ることができます。

※紹介している情報は投稿日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

『MIU404』7/10(金) #3 連続した犯行の狙いとは!? 事件は思わぬ方向へ…【TBS】

「MIU404」3話感想

(記事内画像出典:公式ページ)

コメント