【カムカムエヴリバディ】32話ネタバレと感想!安子と稔を繋いだおはぎの思い出

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」

算太は、しばらく雉真の家にいることになった。安子は小豆を煮ていいると算太が起きて来た。

第32話、勇が会社のため野球部を設立。

「カムカムエヴリバディ」第32話視聴率

第6週「1948-1951」第32話が12月14日火曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「カムカムエヴリバディ」第32話あらすじ

「自分から投げ出した家業じゃったのに。ジャングルでさまよったとき、恋しゅう思うのは橘のおはぎじゃった。」

算太は『たちばな』を立て直そうと言い出す。父・金太も同じことを考えていた。

「雉真繊維の野球部を作ったらええと思う。」

野球も会社もチームワーク、難しい局面を乗り越える力を野球で鍛える。勇の考え方に千吉は反対した。

「るいのお父さんもおはぎが好きじゃった。大学の初めての夏休みにおはぎを買うてくれた。」

『たちばな』のおはぎは、稔と安子を繋いでくれた。食べる人を笑顔にする、るいはおまじないをした。

勇は野球部を作った。会社の売り上げは少しずつ上向きになった。美都里にとって自慢の息子だった。

クリスマスが近づいた頃、美都里は他界する。安子がおはぎを売っているとロバートに再会する。

見逃し動画配信サービス「カムカムエヴリバディ」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「カムカムエヴリバディ」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第32話感想

コメント