【カムカムエヴリバディ】22話ネタバレと感想!安子が選んだ大阪での生活

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」

安子がるいと一緒にいるためには、この家を出るしかない。勇は安子にお金を渡した。

第22話、安子が大阪へ

「カムカムエヴリバディ」第22話視聴率

第5週「1946-1948」第20話が11月30日火曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「カムカムエヴリバディ」第22話あらすじ

「あんこ、どげんしても困ったら帰ってくればいい。そん時はワシがおめえをもろうてやらあ。」

安子は朝一番の汽車で岡山を出た。日向の道を歩けば人生は輝く、稔の言葉を思い出していた。

大阪にある『おぐら荘』に向かい、小さな住まいを借りる。安子はるいと2人だけの生活を始める。

「全部買うから安うしてちょーでぇ。」

安子はサツマイモで飴を作る。おいしゅうなれ、おいしゅうなれ。イモ飴は簡単には売れなかった。

ラジオから英語の歌が聞こえてくる。安子は、『カムカム英語』に初めて触れた瞬間だった。

見逃し動画配信サービス「カムカムエヴリバディ」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「カムカムエヴリバディ」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」第22話感想

コメント