【エアガール】ネタバレと感想!空を飛びたい小鞠の夢が叶うとき

エアガール

ドラマ「エアガールが3月20日(土)に放送されました。主演を広瀬すずさんが演じています。

空を飛びたい!パイロットに憧れエアガールになった女性の物語。

「エアガール」視聴率

「エアガール」が放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「エアガール」あらすじ

日本初エアガール

1928年(昭和3年)、佐野小鞠は東京の下町で生まれた。飛行機部品を作る父親の影響を受けて空への憧れを募らせていた。

兄は戦死、両親を空襲で亡くしていた。料亭を営む叔母・千代に引き取られる。ある日、要人たちが空の話をしていた。小鞠は心を躍らせる。

松木静男は航空会社を作る。小鞠はエアガールに応募する。3次試験まで残った。千代はエアガールになることを反対した。

「私がエアガールになっていいのかなって。」

三島は兄の話をする。熱を出した自分の代わりに特攻で亡くなった。小鞠はエアガール7名に選ばれた。フィリピン航空機を借りて試験飛行が行われる。

「今度は三島さんが夢をかなえる番ですね。兄も応援していると思います。」

千代は小鞠のために靴を買っていた。千代は家族を空に奪われていた。小鞠まで奪われるのが怖かった。でも、小鞠の父親が空が好きだったことを思い出す。

日本の空を日本の手で

札幌飛行試験が中止になった。フィリッピン航空機と運賃のことで揉めていた。松木は白州に航空事業令を変えてもらうよう交渉する。

10月25日、東京→福岡行きの第一便に小鞠は選ばれた。その後、飛行機の整備不良による欠航など問題が続いた。

「先が見えない方がワクワクして楽しいじゃないですか。」

三島は操縦席にすら入れないことに不満を持っていた。パイロットになる夢がある小鞠は羨ましかった。

飛行中に機体が揺れる。小鞠はケガをしていた。松木は安全を確保するため整備会社を設立ことにする。白州は日米共同航空を作り敵対しようとする。

しかし、日本の空を日本の手で、松木の強い想いは世論を突き動かした。小鞠はコックピットを見せてもらう。視力が落ちてしまい退職を決めた。

「私の分までたくさん飛んで下さいね。」

見逃し動画配信サービス「エアガール」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「エアガール」は、動画配信サービスU-NEXTで配信予定!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「エアガール」感想

コメント