【スカーレット】137話ネタバレと感想!武志が病気に八郎の動揺と目には涙が光った

NHKドラマ

八郎が夜遅くなってから喜美子の家に来る。ジョージ富士川の本をプレゼントに持って来た。

第137話、武志も気に入るんちゃうか。ジョージ富士川の本を嬉しそうに眺めた。その直後、八郎の心は涙色に染まった。

見逃した方はこちらから⇨「【スカーレット】NHK

「スカーレット」137話視聴率

第23週「揺るぎない強さ」第137話が、3月13日金曜日に放送されました。気になる視聴率は、19.3%でした!

陶芸家の神山清子さんがモデルになっています。男が多い蔵元で信楽焼に魅了されて行きます。波乱に満ちた人生をどう描くのか?

「スカーレット」137話ネタバレ

堪忍な、武志が病気になってもうた

「遅うなった、ごめんごめん。」

「次世代展な、残念賞でした。」

「そうかー。」

「直子も百合子も来てたんやけどな。帰ってしもうた。武志はアパートや。」

「来いへんの?」

「話があんねん。上がって下さい。」

喜美子は、武志のアパートに行った話を始める。その時、女の人がいた。研究所で一緒に働く石井真奈さんと紹介された。

「そういう話?武志が結婚とか、そういう話?」

「それやったら楽しかったな。」

「楽しないで、まだ若いで。」

「何か飲む?飲もうか?なっ。あっ、お腹空いてへん。カレー作ったんや。」

真奈(松田るか)は、武志の側にいた。芽ぐみの家に泊まることになっていた。

「帰らんでええの?ほな、泊まってきーや。いやいや、送ってくわ。」

武志(伊藤健太郎)は、足元がふらついていた。

「検査入院するんやろ?所長さん言うてた。聞きました。何や分からんけど、しっかりして下さい。大事にして下さい。」

真奈は、帰ってしまった。八郎は、ジョージ富士川の本を持って来た。

「喜美子、喜美子。訳した方、読んだら。」

(今日が私の1日なら、私は・・・だろう。)

「右は真っ白なんやな。」

(今日が君の1日なら、君と…だろう。」

「いろんな1日が書いてあるんやな。」

「武志にあげよう思うて。次世代展のお祝いや。」

「残念賞やな。」

「イラストの色使いがジョージ富士川さんらしい。武志も気に入るんちゃうか。なぁ、実演会やってもろたの覚えてるやろか?あの時、武志が熱出したからな。めったに熱なんか出さへんから焦ったわ。」

武志は、学校に行くようになってからも休むことはなかった。風邪も引かない本当に丈夫な子どもだった。

「堪忍な、病気になってしもうた。丈夫や思うてた子どもが病気になってしもうたんよ。」

「何謝ってんの。うん、何や病気って。」

「武志は、誰にも言いたない言うてる。ほやから、武志の前では知らんかったことにして欲しい。」

「本人が言いたないことを何で喜美子が言うねん。」

「このままやと3年から5年や言われた。そういう病気や。慢性骨髄性白血病や。」

八郎(松下洸平)には、信じることが出来なかった。

武志の闘病生活

「たこ焼き食べた言うたやんな。なぁ、僕も行った。僕も行った武志のアパート。口からなタコ飛び出すくらい男3人でゲラゲラ笑ろうて。武志もゲラゲラ笑ろうて。よう笑ろうてたで、あいつ、えっ、元気やん。」

「八さん。」

「ものすごー元気やん。元気やん。」

「八さん。」

「元気やん、ありえへんって。」

「八さん。」

「ちょっと待って、ちょっと待て、ちょっと待て。」

「八さん、しっかり聞いて下さい。聞いて下さい。」

喜美子(戸田恵梨香)は、診断書を見せる。

「骨髄を移植する治療法があんねん。その骨髄を提供してくれるドナーいうやつが必要なんや。武志とHLAいう白血球の型が合うかどうか検査して欲しい。ウチもやる。八さんもお願いします。」

「検査?」

「型が合うかどうか調べんねん。」

「型が合わへんことがあるんか?」

「親は、親と合う確率は1%もないらしい。良かったやん、ゼロやない。ないに等しいけど、合う可能性はある。」

喜美子は、武志に本を渡した。

「今日が私の1日なら、何する?」

「お母ちゃんは、何する?」

「陶芸やな。」

「つまらんなー。そればっかりやん。」

「ほな、何するん?」

「何しようかな、何やすごいことしたいな。」

喜美子は、お菓子をたくさん持って来た。

「お母ちゃん、何そんなようけお菓子持って来て。俺そんなん食べんで。」

「お母ちゃんの分や。」

「遠足か?で、いつまでいるん?」

武志が検査に呼ばれる。

「お母ちゃんも一緒に行ったるろか?」

「ええて、お菓子でも食うとけ。」

武志の病室には、もう一人男の子が入院していた。安田智也も大崎の患者だった。喜美子は、お菓子をプレゼントした。

翌日、喜美子は骨髄の適合検査を受ける。八郎も受けることになった。武志は、抗がん剤の量が増えたため吐き気に襲われる。

体調が安定するまで入院することになった。

「病気のことは、お父さんに言いたくない。」

川原家は、陶芸一家。大崎の家は、医者一家だった。

「どう距離を取っていいのか分からなくなるのは、同じかも知れない。時には親子で、時にはライバルで。時には親友にもなれる。」

「ええですね、親友。」

病気は辛いことがたくさんある。でも、泣きたくなるような素晴らしいことも、たくさん起こる。

冷たい雨が降っていた。武志は、窓の外を見つめていた。

「これ、書いた。」

「見てええの?」

「ええよー。」

「あっ、でも後でな。帰ったから見てや。」

「分かった。」

「ほんでな、お父ちゃんにも言うてええよ。みんなにも言うてーや、俺のこと。会いたい、みんなに会いたい。力もらいたい。」

武志は、たくさんの人に知ってもらおうとした。

朝ドラ「スカーレット」137話感想

コメント