【舞いあがれ!】115話ネタバレと感想!めぐみの母への想い

朝ドラ「舞いあがれ!」

めぐみは、『IWAKURA』を章に任せようとしていた。

第115話、自分のことができない辛さ。

「舞いあがれ!」第115話視聴率

第24週「ばんばの歩み」第115話が3月16日木曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「舞いあがれ!」第115話あらすじ

浩太は30歳の時に会社を引き継いだ。会社のことも経営のことも知らないまま社長になった。

「今の章くんの方が経験豊富やで。章くんは岩倉のことも浩太さんの想いもよう知ってくれてる。任して大丈夫やと思うてるねん。」

祥子が退院した。めぐみ丸は若葉が手入れをしている。畑も一太が見ている。祥子は寂しそうな顔をした。

「情けなかね、みんなの世話になっちょる。自分のことば自分でできんのは、こがん苦しかとね。」

祥子はできないことの数えた。ばんばにできることは、たくさんある。できることを数えて欲しい。

「会社はすぐには辞められん。引き継ぎが終わったら現場ば離れるけん、そん時に母ちゃんがやっぱり戻りたかー思っちょたら、一緒に五島に戻ろうで…。」

母ちゃんと一緒に暮らしたか。祥子は大阪に行くと約束した。しばらくして、送別会が開かれた。

「祥子さんがここにいてくれたことが一番うれしかった。今まであんがとね。」

見逃し動画配信サービス「舞いあがれ!」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「舞いあがれ!」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「舞いあがれ!」第115話感想

コメント