【舞いあがれ!】103話ネタバレと感想!町工場が力を合わせたハンモック

朝ドラ「舞いあがれ!」

『コサカイ鋼業株式会社』は、創業50年になる。菱形金網ではやって行けない、小堺は廃業を考えていた。

第103話、しなやかな金網でできた新商品。

「舞いあがれ!」第103話視聴率

第22週「冒険の始まり」第103話が2月28日火曜日に放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「舞いあがれ!」第103話あらすじ

「工場畳むまで、まだ時間ありますよね。金網で新しい商品作りませんか?」

東町工場と協力し合えば、たくさんの商品が作れる。挑戦しませんか?舞は諦めなかった。

3週間後、金網でハンモックができる。支柱は的場が作ってくれた。

「みんな、ありがとう。おおきに…。」

舞は御園と待ち合わせをしていた。営業部に異動になり新聞記者ではなくなってしまう。

「そろそろ私も何かを頑張っている側になりたいなって、気持ちもあるんだよね。」

御園の父親も工場を経営していた。物作りが好きだったが廃業してしまう。舞に刺激を受けていた。

「金網っておもしろいんです。安全を守れるのは形を変えてショックを吸収できるからなんですよ。頑丈やけど、しなやかでただの壁とは違うんやなって、私にも発見がありました。」

河内大学がハンモックを見に来る。外壁を金網で作るのはどうか?高さ50メートルの金網を作ることになった。

見逃し動画配信サービス「舞いあがれ!」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「舞いあがれ!」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「舞いあがれ!」第103話感想

コメント