【どうする家康】2回ネタバレと感想!その目だけは忘れるな支えた信長の言葉

どうする家康

桶狭間の戦いで今川義元が討たれた。徳川家康は大高城に取り残されてしまう。

第2回 兎と狼 見逃した方はこちらから⇨「U-NEXT

「どうする家康」第2回視聴率

「どうする家康」第2回が放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「どうする家康」第2回あらすじ

「親父どの、こやつは俺のオモチャじゃ。勝手なことをされては困りますな。」

12年前、織田信秀は竹千代の首をはねようとした。その時、織田信長に命を助けてもらった。

桶狭間の戦いでは、松平元康が織田勢に囲まれてしまう。ところが、信長は引き返してしまう。

「三河領に入ったら、お前らには暇を出す。岡崎でもどこでも行くがいい。ワシは1人でも駿府に帰る。」

三河領に入ったところで、松平昌久が軍勢を率いて来る。迎えに来たと信じた元康は、反撃にあってしまう。

岡崎城の北3㎞にある『大樹寺』、元康は軍勢を率いて逃げ込む。昌久は寺を攻め込もうとする。

「ワシは無能な大将じゃ、多くの兵を殺した。これくらいしかできぬ…介錯を頼む。」

元康は切腹しようとする。その目だけは忘れるな、元康は信長の言葉を思い出す。

「我が首を欲しければ取って見ろ。ただし、岡崎で我が帰りを待つ1000の兵が怒りの業火となって、貴殿の所領に攻め入るであろうがしかと覚悟されよ。」

今川も黙っていない、松平は何があっても自分が守る。元康の迫力に昌久は攻撃するのをやめる。元康は岡崎を目指した。

見逃し動画配信サービス「鎌倉殿の13人」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「どうする家康」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「どうする家康」第2回感想

コメント