【どうする家康】1回ネタバレと感想!命がけの兵糧運び桶狭間の戦い

どうする家康

弘治2年(1556年)駿河では、松平元康が今川義元の人質として生きていた。

第1回 どうする桶狭間 見逃した方はこちらから⇨「U-NEXT

「どうする家康」第1回視聴率

「どうする家康」第1回が放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「どうする家康」第1回あらすじ

松平元康は、生まれ故郷の三河に戻ることになった。元康は駿府と三河の生活の違いに驚く。

「すごく重い荷物を担がされてな…国でござる。松平の当主に生まれついたからな…。」

三河から戻った元康は浮かない顔をしていた。瀬名は配していた。

「そなたはこれまで、わざと負けていたな。氏真の面目を守るために…それはこの上ない侮辱である。」

今川氏真と元康は、瀬名を巡って勝負する。その結果、元康は瀬名と祝言を行うことになった。

永禄3年(1560年)、桶狭間の合戦が始まった。織田信長に追い詰められた大高城は陥落寸前だった。

元康は兵糧を運ぶ役目を受ける。それには織田信長の領地を通過しなければならなかった。

「長照どの、後は我らに任せてご養生なされませ。お勤め大義でございました。」

元康は無事に兵糧を運ぶことができた。その頃、桶狭間では今川義元が織田信長に責められて討死する。

「お前、三河もんか?ワシのことは放っておけ。主君と知っての狼藉か?」

元康は家臣たちを置いて逃げ出してしまう。海沿いにいるところを平八郎に連れ戻される。織田信長は、すぐそこまで追って来ていた。

見逃し動画配信サービス「鎌倉殿の13人」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「どうする家康」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「どうする家康」第1回感想

コメント