【エール】73話あらすじと視聴率!得意なことを見つける音楽の力

朝ドラ「エール」

鉄男の作詞は、なかなか採用にならなかった。もう何をどうしていいのか鉄男にも分からなくなっていた。

第73話、裕一は自分が得意なことを見つけて今がある。弘哉にとってハーモニカだった。

見逃した方はこちらから⇨「NHKドラマエール

「エール」73話視聴率

第15週「先生のうた」第73話が、9月23日水曜日に放送されました。気になる視聴率は、18.8%でした!

昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而、その妻・古関金子をモデルにした話です。昭和という激動の時代に心に寄り添う曲を生み出した。

「エール」73話あらすじ

得意なことを見つける

音楽教室では、弘哉がハーモニカを吹くようになっていた。キレイな音色が、子どもたちの歌声を引きたてた。

「楽しかった。ハーモニカっていいわよね。」

「弘哉くん、他の曲も練習してきてくれる・」

弘哉は、みんなの楽しそうな顔が嬉しかった。華だけが寂しそうにしていた。

国防婦人会では、吟が音のことで責められていた。

「関内さんは、お子さんもいないのに身軽だから大丈夫よね。」

吟は、他の人の分まで廃品回収に行くように言われてしまう。家で、そっと口紅を塗った。そこに夫・智彦が帰って来てしまう。

「何やってるんだ。そんな顔で外に出るなよ。ただでさえ、軍人の家はいい暮らしをしてるんじゃないかと妬まれやすいんだ。」

裕一は、弘哉に本をプレゼントした。

「今度、一緒に合奏してみない?」

「やらないって言っちゃたから。お母さん、華のお母さんなのに。」

華は意地になっていた。弘哉が話を聞いてくれた。

音楽の力はすごい!

弘哉の母が迎えに来た。

「母子二人暮らしで弘哉には寂しい思いをさせて来ました。ハーモニカをやるようになってから、あの子よく笑うようになったんです。」

音楽の力はすごい。音は少しでも役に立てていることが嬉しかった。音は夕飯に誘った。その頃、鉄男は作詞に悩んでいた。

「何分かったような口きいてんだ。あんたら戦場がどんなとこが知ってて言ってんのか?」

酔った客が元兵士に絡んだ。その男には右腕がなかった。

「地獄だよ戦場は。心殺さないとやってられない。」

鉄男の作詞は、またも採用されなかった。

「話になりませんな。あなたは根本が理解できていない。軍馬への関心を高めるのも国民の戦意高揚の1つです。」

鉄男は6回目の作詞だった。鉄男は不採用となり、裕一も降りてしまう。『暁に祈る』は、福島三羽ガラスで作る約束になっていた。

智彦は、裕一を推薦した手前引くわけにはいかなかった。吟を説得に行かせる。吟は音楽教室のことまで口を出して来た。

「こういう時代だからこそ、音楽が必要なんだよ。」

見逃し動画配信サービス「エール」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「エール」は、動画配信サービスU-NEXTで見逃し配信している!
・視聴するためには、U-NEXTに登録してから1話ごとに有料レンタルをするかNHKオンデマンドパックを購入します!
・U-NEXTでは、毎月1,200ポイントが付与されます。(お試し期間は600ポイント)
・毎月もらえるポイントを有料レンタルやNHKオンデマンドパックに使うこともできます!

※紹介している情報は投稿日のときのものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

朝ドラ「エール」73話感想

コメント