【シグナル】8話あらすじと視聴率!ずっと探していた人に会えた悲しみ

2018年ドラマ

三枝健人は、岩田一夫と待ち合わせをしていた。❝俺が大山を殺したんだ、今でも後悔している❞、岩田の言葉は衝撃だった。

「武蔵野市の集団暴行事件」が全ての始まり、そう言い残して岩田は息を引き取った。

第8話は、最終章!18年の時を越えて今明かされる失踪の謎

「シグナル」8話視聴率

「シグナル」第8話が放送されました。気になる視聴率は、6.9%でした!

「シグナル」8話あらすじ

武蔵野市集団暴行事件の犯人は?

1999年5月武蔵野市、井口奈々は集団暴行されてしまった。その上誰とでも寝る女とウワサを立てられてしまう。

「やめろ、バカなこと考えるな。あんなのウソなんだろ?分かってる。」

「ウソじゃない、ごめんね。」

井口奈々は、屋上から飛び降りてしまう。命だけは助かった。大山剛志は三枝の言葉を思い出していた。

「兄が関わった事件なんです。」

中本慎之助は、衆議院議員の野沢義男に会っていた。

「また君に処理を頼む、詳しいことは秘書から聞いてくれ。」

奈々の父親は、昼間っから酒を飲むような男だった。

収賄事件の偽装を手伝うしかなかった

岩田は、肝臓を刺されて死亡した。三枝は、『武蔵野市集団暴行事件』のことで話があると呼び出されていた。

「俺が病院に着いたときは、もう襲われたあとで。」

中本は、必ず犯人を捕まえるように伝える。三枝が岩田と調べていたことが知られてしまう。

「何をひとりで考え込んでいるの?私は、あなたを助けたいの。」

桜井美咲は、何かを隠している三枝を問い詰める。三枝は大山の収賄事件の話をする。

「岩田係長は、収賄事件の偽装を手伝うしかなかった。死ぬ直前、係長は俺に言いました。大山巡査部長を殺したと。」

大山を殺した理由は、口封じのためだった。

金もコネもない誰も見方をしない生贄

斉藤裕也は、加藤亮太に部屋を貸していた。奈々に勉強を教えるためだった。

「金もコネもなく、何があっても見方をしない。生贄だ。」

加藤亮太は、レイプ犯として逮捕されてしまう。8ヵ月後、少年院から出てきた亮太は自殺してしまう。

「お兄ちゃん、お兄ちゃん。」

三枝は高校3年のときに知ってしまった。兄は金もコネもない潰しやすい生贄として選ばれた。

「誰かを守るために兄は生贄に選ばれたんだ。俺は必ず真相を暴きます。」

大山は亮太が三枝の兄だということに気がついた。

御殿場インターそばの別荘

集団暴行事件に関わった生徒たちの父親は『小川都市開発』で働いていた。

「今日になってみんな、一斉に加藤亮太に言われてやったと証言しました。」

奈々までも亮太を犯人と言い出す。

「そうです、加藤くんがやったんです。」

大山は取調室で追い詰める。でも、証言を曲げようとはしなかった。

「あなたは、ここでおとなしくしていて。」

三枝は、岩田の殺害現場で車を見ていた。それは、岡本の車だった。岡本は簡単に人を信用しない。

「凶器や通話記録を別の場所に隠しているはず。」

通話記録から御殿場インターに行ったことが分かった。その近くには岡本の母親名義の別荘があった。

別荘には大山の遺体が埋められていた

岡本の母親名義の別荘には、人が入った形跡がなかった。

「岩田係長は、どうしてここに来たんでしょう。」

三枝は、柔らかい土を見つけた。掘り起こしてみると人間の骨のようなモノが見つかる。警察手帳があった。桜井は泣き崩れる。

「先輩。」

別荘は、今は誰も使っていない。岡本はなぜ売らなかったのか、その真実が分かってしまった。

ドラマ「シグナル」8話感想

シグナルは、次に繋ぐ面白さを持っている。こんな終わり方して、来週が待ち遠しいと思わせてくれる。

最近のドラマには、来週へのワクワク感が欠けていると思っていた。もう一度、美咲に会わせてあげて!

(記事内画像出典:公式ページ)

FODプレミアム

見逃してしまった人はこちらから⇒2週間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】

コメント