【シグナル】2話ネタバレと感想!過去と未来がつながる23時23分のなぞ

2018年ドラマ

吉本圭子は、警察に呼ばれていた。2010年の『女児誘拐事件』の容疑がかけられる。時効まで残り20分しかなかった。

第2話、時効成立20分前!極限の攻防戦新たな未解決事件!

「シグナル」2話視聴率

「シグナル」第2話が放送されました。気になる視聴率は、8.4%でした!

「シグナル」2話あらすじ

時効成立

橋本啓介が首をつったとされているロープから血液がついたいた。DNA鑑定は、何年たっても調べることはできる。

「吉本圭子さん、あなたの血液よ。」

しかし、時効まで時間がなかった。検定結果が出たのは、時効が成立してからだった。

「残念でした、もうちょっとだったのに。警察ってやっぱりたいしたことないんですね。」

橋本啓介の服からは、谷原記念病院の駐車場のチケットが見つかった。

「吉本圭子さん、橋本啓介殺害容疑で逮捕します。」

4月12日には、まだ生きていた。橋本啓介の殺害容疑なら時効まで1日残っていた。

23時23分無線機がつながる

桜井美咲は、大山を探し続けていた。2010年4月27日、凶悪犯罪の時効撤廃が国会を通った。

本庁では『長期未解決事件捜査斑』が設立された。岩田は責任者に選ばれてしまった。

「桜井巡査部長は、まだ大山を探しているのか?部下をしっかり管理しろよ。」

大山が行方不明になってから10年がたっていた。中本は、岩田に釘をさす。

桜井は10年前を思い出していた。広報誌にだすための写真、そこには大山の笑顔が映っていた。

23時23分、三枝健人が持つ無線機が鳴る。

「繋がってよかった。これが最後の通信になるかも知れません。でも、終わりじゃありません。また無線は繋がります。」

「3年前の自分に無線機は繋がる。過去は変えられる、諦めないで下さい。」

大山は、そう言った後で銃声が聞こえる。無線機は切れてしまう。

20年前「女性連続殺人事件」

8年後、三枝は『長期未解決事件捜査斑』に配属された。

「お久しぶりです。」

アメリカでプロファイリングを勉強してから日本に帰国していた。最初の仕事は、20年前に起きた「女性連続殺人事件」だった。

「俺は資料を新井直します。」

桜井は慶明大学医学部に向かった。解剖に回される遺体の中に大山がいないか探していた。

「生きてる可能性はないんですか?」

「女性連続殺人事件」は、被害者に共通点がなかった。犯人と出会う共通点は、どこかにきっとある。23時23分無線機が鳴る。

大山は、この事件を追っていた。

「ただ今、失踪者の捜索中です。近藤美香さんです。」

1997年4月16日近藤美香は、潮まち橋の下で発見される。4人目の被害者の名前だった。無線機は、途中で切れてしまう。

過去は変えられる

警視庁に大山の存在はない。かつては、強行犯の捜査員だった。

「全身にあざがあるが着衣の乱れはない、暴力で支配下に置きたい。20代前半の男性が浮かんできます。」

大山は、薬で捕まえた女性が働いているラーメン屋にいた。

「腹減ってんだから早く持ってこいよ。」

三枝が言った言葉を思い出して現場に向かう。

「5人目は、本郷1丁目の相生橋のそば。」

大山は、ブルーシートの中に人がいるのを発見する。女性の体が少しだけ動いた。

「生きてます。救急車お願いします。」

三枝は、写真から遺体が消える姿を見てしまう。ホワイトボードの文字もが遺体で発見から未遂に変わった。

「シグナル」2話感想

(記事内画像出典:公式ページ)

FODプレミアム

見逃してしまった人はこちらから⇒2週間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】

コメント