【レッドアイズ】8話ネタバレと感想!KSBCを占拠した蠣崎の本当の目的とは

レッドアイズ

蠣崎が警察病院から逃走した。伏見と湊川は現場に向かった。

第8話、最終章始動! 占拠された捜査本部を奪還せよ!犯人の狙いとは一体?

見逃した方はこちらか⇨「Hulu

「レッドアイズ」8話視聴率

「レッドアイズ」第8話が放送されました。気になる視聴率は、10.3%でした!

「レッドアイズ」8話あらすじ

乗っ取られたKSBC

蠣崎は仲間とKSBCを占拠する。警報装置を押そうとした阿蘇が撃たれる。刑事部長・奥州の元には内部の映像が送られた。

「すぐにSITの要請を。」

奥州は伏見に連絡をする。SITの要請はできない、秘密裏に解決するように指示を出す。ネットにはKSBCの内部情報が流された。

小牧はKSBC内部にいる長篠へメッセージを送った。裏口を開けてハッキングする。内部のカメラを見ることができた。

「このファイルに何が入っているの?」

KSBCにはレベル7のB2ファイルが存在する。柿崎の狙いは、このファイルだった。島原は腕にある謎のマークを見つける。

「あなたやっぱり先生に操られてるのね。」

ブルーブラッドリスト

B2ファイルとは、ブルーブラッドリストを指していた。警察上層部による隠蔽された事件があった。その個人情報が入っている。

「誰に復讐すればいいのか開放してやるんだよ。」

情報を開示することで新たな犯罪を生む。島原はパスワードを入れることを拒んだ。妹・はるかがスナイパーに狙われていた。伏見はキッチンカーに向かう。

小牧は配線コードをショートさせた。そのすきに蠣崎を捕まえる。島原は銃を構える。柿崎は夫を殺した男、島原は揺れる。

「頼む、早く終わりにしてくれ。俺を殺してくれ。」

島原は撃つことができなかった。揉み合ううちに蠣崎は自分で腹部を撃った。島原は謎のマークを思い出す。それは鳥羽和樹のクリニックで使われていた。

見逃し動画配信サービス「レッドアイズ」

見逃し動画配信サービスの使い方

・「レッドアイズ」は、動画配信サービスHuluで配信されています。(未公開シーンも公開しています。)

・スマホやタブレットでいつでもどこでも楽しむことができます。
・無料で見放題になるサービスがあります!

詳しくはこちらから⇨「Hulu

※紹介している情報は投稿日時点のものです。現在は配信が終了している場合もありますので、最新の情報は各公式サイトにてご確認ください。

「レッドアイズ」8話感想

コメント