【最高のオバハン中島ハルコ】2話ネタバレ!政略結婚で老舗を救え

最高のオバハン中島ハルコ
ハルコはいづみとレストランで食事をしていた。刃物を持った男が乱入してくる。 第2話、ハルコ、令和のお家騒動を斬る!

「最高のオバハン中島ハルコ」2話視聴率

「最高のオバハン中島ハルコ」2話が放送されました。気になる視聴率は、発表され次第報告します!

「最高のオバハン中島ハルコ」2話あらすじ

政略結婚の何が悪い!

「あなたは、まず仕事頑張りなさい。それがあなたの人生を変えてくれるはず。」 お金に無頓着だから貧乏だ、一度お金に執着することが必要だ。ハルコは忠告する。いづみは企画書を書き上げた。名古屋にはハルコと待ち合わせた。 ひつまぶし屋『いとう』は80年続く店で、今は大将とその妻、娘の3人で家族経営をしていた。大手釜飯チェーン店から買収話があった。 「ミュージシャンなんて、何浮ついたこと言ってんのよ。」 名古屋の老舗ういろう屋『紫風堂』の四代目店主・三島昭宏からも跡継ぎ問題で相談が舞い込んでくる。隆行はミュージシャンを目指していた。 ハルコはバツ2、離婚してから医学部に入り医者になった。 「古いだけのういろう屋に明日はない。」 隆行の路上ライブを見に行く。大学は辞めずにミュージシャンを目指すことになった。

自分に正直に生きる

ハルコは政略結婚をすすめる。 「信長公も家康公もみんな政略結婚で世の中を平定してきたからこそ、今の世の中があるんじゃないの。」 三島家と伊藤家の業務提携を結んだ。新商品の開発には隆行がかかわる。いづみはフードライターとして広告をすることになった。 「新商品がこけたら、あなたのせいよ。」 新商品ができあがった。いづみはハルコの家に向かう。新商品の弁当は売れなかった。真澄と隆行は、いつの間にか仲良くなっていた。 「宗春はいいがね、100年早かったね。」 徳川宗春は7代目当主、幕府の倹約令に反発した。文化や娯楽を重視した。いづみはハルコに振り回されているうち不倫のことも忘れていた。

見逃し動画配信サービス「最高のオバハン中島ハルコ」

見逃し動画配信サービスの使い方 ・「最高のオバハン中島ハルコ」は、動画配信サービス(2週間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】)で見ることができます! ・視聴するためには、FODプレミアム初回無料トライアルがお得です! ・毎月8がつく日には、400ポイント(合計1,200ポイント)を使うと有料作品を見ることも出来ます! ・動画配信サービス「FODプレミアム」は、無料トライアル期間中に解約すると料金は発生しません!

「最高のオバハン中島ハルコ」2話感想

コメント